Bun Bunの紅茶と本と素敵な贈り物
クリスマス前に送る、3日間だけの楽しいイベント

ブンブン紅茶店
12月20日(木)~23日(日)11時から17時まで
 贈り物の本棚、香りの小物

20日~23日 会期中は特別に
 ウィンターホリデー スペシャルティーをご用意
     
b0158721_11221322.jpg
毎日違うお楽しみをご用意
楽しく作って、プレゼントにいかがでしょう
 
★20日(木)小さなお茶会
   ヨーロッパヴィンテージ 英国菓子
   COOKIE ART PARTY

★21日(金)&23日(日)
   彫金ワークショップ
   プチペンダント制作 
   ¥1200 当日参加可能

★22日(土)ペーパークラフトワークショップ


 0467-25-2866 
 ブンブン紅茶店
   JR鎌倉駅西口~駅を背に直進
   市役所・紀伊國屋スーパーの間の道を直進
   トンネルを抜け、信号手前の右側
   駅より600m




[PR]
# by tearoombunbun | 2018-12-17 11:41 | お客様へお知らせ | Comments(0)
南インドの旅 ⑥インドの動物
インドの動物というと何を思い出されますか

b0158721_16045676.jpg
ガネーシャ像
体は人間、頭が象の神様
b0158721_16154797.jpg
b0158721_16152159.jpg
ガネーシャ像
車の中にも飾られています
b0158721_16113609.jpg
山に入ると
猿も道ばたでお出迎え
b0158721_16095552.jpg
昼寝の牛
後ろ姿がセクシー

インドで「牛」は神聖な動物として
大切にされています
b0158721_16143002.jpg
ホテルの庭にいた孔雀 オス
b0158721_16090316.jpg
珍しいことに
木に登っています
b0158721_16110733.jpg
駅内で寝ている犬
b0158721_16145595.jpg
b0158721_16175192.jpg
誰かのペット、というよりも
野良で自由な生活を満喫
食事はみんなが与えているようです

早朝の散歩で群れになった野良犬に
囲まれたときは、びっくりしましたが

首輪をしていなくても
鎖につながれていなくても
インドは動物にも優しいお国柄






[PR]
# by tearoombunbun | 2018-12-12 16:43 | Comments(0)
第10回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 
2018年 最後は、アフタヌーンティー
楽しむ会の最後を飾る、楽しみなイベント

ご来店の方から、ピンクの封筒を引いて着席
開封は後のお楽しみ
中にプレゼント番号が書かれています

テーブルセッティンブ
ティーカップは、
ウェッジウッド、ミントン           
b0158721_05214893.jpg
中央テーブル
クリスマスカラー
トルコのチャイダンルック
ツリー型 ティーコージ
聖者人形
アンティーク ティーキャデイ
b0158721_05211458.jpg
ウェルカムティー フルーツティ

サンドウィッチ・フルーツケーキ
南インド ニルギリ グレンデール紅茶BOP
b0158721_05220744.jpg
チョコスコン
ビスケット風
b0158721_05224690.jpg
トライフル
紅茶は
南インド ニルギリ KORAKUNDA
手摘み OP
b0158721_05222855.jpg
(写真撮影:森杉延子様)


いよいよプレゼント番号の発表
中には番号とシェークスピア 人生の台詞
この台詞を語りプレゼント受け取り 開封

あちこちで歓声が上がっています。

2018年 皆勤賞が3名
参加された皆様、ありがとうございました。

2019年度 第1回は2月16日からスタート
毎回違った内容を組み立て
紅茶に関わる
ワクワク感をお伝えしています。


2019年 鎌倉で紅茶を楽しむ会
気になる内容の回をお選び下さい

参加をお待ちしております。

予定は、HP[紅茶セミナー]をご覧の上
お申し込み下さい

ブンブン紅茶店 T&F 0467-25-2866
メール teatime-kamakura@jcom.zaq.ne.jp






[PR]
# by tearoombunbun | 2018-12-03 05:47 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
南インドの旅 ⑤インドの色彩
日本では紅葉の美しい季節になりました。

インドでのカルチャーショック
どこも明るい色彩が溢れていること

(写真の無断転用はご遠慮ください)

空港でお出迎え 正面              
b0158721_11012832.jpg
カラフル家々が並ぶマドゥライの街(朝日)
b0158721_11063394.jpg
夕暮れ
b0158721_11381430.jpg
寺院 1
b0158721_11105716.jpg
寺院 2
b0158721_11124186.jpg
コダイカナルの街
b0158721_11264356.jpg

女性たち
結婚式
b0158721_11135867.jpg
お詣り
b0158721_13551649.jpg
b0158721_13561240.jpg
b0158721_13564649.jpg
授業を終えて
b0158721_11162843.jpg
大学に向かう
b0158721_11170429.jpg
街角で迎えを待つ
b0158721_11184663.jpg
おしゃれして
b0158721_13575052.jpg
地面に砂で書かれた印
b0158721_11200521.jpg
インドのトラック野郎
b0158721_11145180.jpg
 市場
b0158721_11494150.jpg
b0158721_11491525.jpg
フルーツ
b0158721_11440648.jpg
お菓子屋さん
b0158721_11234568.jpg
b0158721_11291019.jpg
b0158721_11295070.jpg
b0158721_11422211.jpg
ハイティーのお菓子
b0158721_11311321.jpg
b0158721_11315963.jpg


色彩に溢れた南インド
お楽しみいただけましたでしょうか


最後は後ろ姿で失礼
b0158721_11415657.jpg

2018年 鎌倉で紅茶を楽しむ会
12月のアフタヌーン・ティーで終了

今年も多くの皆様に参加していただきました。

2019年 鎌倉で紅茶を楽しむ会
 第1回 2月16日(土)「ジョージ・オーウェル 美味しい1杯の紅茶」
 からスタート
 お申し込みをお待ちしております。



[PR]
# by tearoombunbun | 2018-11-19 11:53 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
第9回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 
「イギリス ブルー&ホワイトの世界」開催されました。

マイセン・セヴールに代表される、大陸の窯は、王室の
バックアップにより大きく発展しました。
b0158721_12192609.jpg

英国の陶磁器は、その独自性からも判るように
民窯から発展していきました
講師自身も大好きなブルーウィロー柄の小物を
見ていただきながら英国陶磁器の歴史を覗いて見ました。
               
b0158721_11141028.jpg
中央に、根を張って大きく葉を広げている「柳」
そこから Willowパターン、ブルーウィローと
呼ばれています。

橋の3人、船に小島、大空を飛ぶ二匹の鳥
そこには悲しい物語      

100年以上前のスロップボール
茶液を捨てる器
b0158721_11232844.jpg

1870年代 ティーボール
左:コールポート 右:不明            
(向こうに並ぶ年代別ミントンデザインカップ)                      
                      
b0158721_11262430.jpg
                                                                                             
ウェッジウッドのトリオ
ケーキ皿とカップ&ソーサー
b0158721_11321252.jpg
ミニチュアのティーセット
カップの直径4.5cm
小さい中に素晴らしい絵付け

誰が遊んだのでしょう
b0158721_11355013.jpg

奥.ジャムデイシュ
 シルバーの四角い器が入れ子

手前:チーズ置(木枠にはめ込まれた)
b0158721_11395935.jpg
講師が毎日使用
日本製の大皿(JAPANの刻印)
ファーザーズカップ
b0158721_11433310.jpg
ティータイム
ニルギリ:グレンデール茶園
アップルクランブルケーキ            
b0158721_11502037.jpg
b0158721_11505017.jpg
自国に陶土が無かったために、
磁器の焼成には大変苦労をした時代が続きます
雄牛の大腿骨を配合した”ボーンチャイナ”等
今も私たちを楽しませてくれるのは
英国製の物が多いのではないでしょうか。

ティーカップの内側は白いものを
紅茶の水色がきれいに見えることはおいしさに繋がります

さあ、今日はどのカップにしましょうか


次回第10回は、ティーパーティー
今年度の会に参加された方なら、どなたでもお申し込みいただけます。








[PR]
# by tearoombunbun | 2018-11-11 12:10 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
南インドの旅 ④ニルギリ山岳鉄道
ユネスコの世界遺産に登録されている
"インドの山岳鉄道群”ご存じでしょうか?
  
ダージリン・ヒマラヤ鉄道(1999年登録)
ニルギリ山岳鉄道    (2005年登録)
カールカー=シムラー鉄道(2008年登録)

(写真の無断転用はご遠慮ください)

今回はその中の一つ
ニルギリ山岳鉄道に乗車してきました。
 ウーティ駅
 鉄道駅舎は全てブルー
             
b0158721_05400717.jpg
ホームに入りいよいよ乗車
b0158721_05423215.jpg
最後尾はこんな感じ
家族連れが記念撮影   
b0158721_05431793.jpg
最初のブルカラーのトンネル
b0158721_05472816.jpg
進行方向 右側はこんな景色の連続
線路脇、直ぐに茶畑
b0158721_05492957.jpg
遠く茶畑と街並み     
b0158721_05543374.jpg
b0158721_06513793.jpg
単線なので途中待機の対向車両は
豪華な特別車両

車掌が手に持つ、赤と緑の旗に注目
こちらの列車が通過すると緑旗を揚げてOK合図
b0158721_05562444.jpg
線路脇はユーカリの大木
b0158721_05590765.jpg
大きくなった木は伐採
①花 で紹介しましたが
ユーカリの植林は国の指導
b0158721_06002004.jpg
途中駅 
ブルーカラーで統一された パラソルが可愛い
b0158721_06471094.jpg
鉄橋を渡る
b0158721_06131059.jpg
後方はこんな感じ
カメラ目線の車掌
b0158721_06140684.jpg
COONOOR 市内に入る
b0158721_06252352.jpg
到着 
記念のモニュメント
b0158721_06275500.jpg
ニルギリ山岳鉄道
メットゥバーラャム~ウーティー間約46Kmを
4時間50分で走る鉄道

今回はウーティーからクーヌールまで
80分ほど乗車      
b0158721_06490599.jpg

車窓から広がる景色は素晴らしく
遠景の茶畑はグリーンのジュータン
忘れられないものとなりました。

日本なら撮り鉄ファンが沿道を埋めるのでしょうが
地元民にとっては特別感はないようです

国内からは鉄道ファンのインド人が乗りに来ています
乗車チケットと座席指定は直ぐ完売
ずいぶん前から「乗るぞー」と用意してから行きましょう

ちなみに
全区間4時間50分は「過酷」とのこと
それなりの覚悟は必要です

南インドニルギリ鉄道 万歳!





[PR]
# by tearoombunbun | 2018-10-22 06:39 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
インド紅茶を楽しむ ティーパーティー
第8回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「インド紅茶を楽しむ ティーパーティー」が開催されました。

知っているようで知らない、インド

ヒマラヤ山脈に近いところ=温帯気候
インド洋、アラビア海にむかい=熱帯気候

冬季 1~3月には、北東モンスーンが大陸から海へ
夏季 6~8月には、南西モンスーンがインド洋に面した
   西海岸からヒマラヤ山脈へ大量の雨が降る
               
b0158721_15522098.jpg

インド紅茶のロゴマーク(インド紅茶100%)
 カゴを背負った、茶摘み婦の横顔
b0158721_05355159.jpg

紅茶産地 ダージリン、アッサム、ニルギリ
産地の紅茶100% 信頼のロゴマーク
b0158721_15201550.jpg
インドの国土は日本の8.2倍(西ヨーロッパと同じ広さ)

広い国土の中でも紅茶の産地
北東インドのダージリン、アッサム
南インドのニルギリ
それぞれが違った特徴を持つ

公用語:22言語(お札には22の言葉が書かれている)
民族、宗教もたくさんありすぎて、日本人には理解できない
ベンガル人(ベンガル語)とタミール人(タミール語)が話を
する場合共用語の英語での会話となる。

DUST
直訳のゴミ、チリではなく 
紅茶のサイズでは一番小さいもの
サラサラな粉のような状態
日本ではあまり見かけないサイズ
参加者にはお土産として少しお渡ししました
b0158721_15352800.jpg
ティータイム
ニルギリ紅茶(CHAMRAJ TEA ESTATE)
インドのお菓子
b0158721_15595679.jpg
チョコレート Chikki
b0158721_16024518.jpg

右 インドのスナック
左上 Soan パイナップル味
左下 Butter Scotch バター味
 紅茶と一緒に口の中で溶けてしまう
           
b0158721_16042158.jpg
インドのクラッカー
サックサク 美味しい!
b0158721_16084760.jpg
最後に、レモングラス ティーオイルを一滴
b0158721_16095438.jpg
紅茶が違った味わいに変身

南インドはハーブの生産地
このようなティーオイルが造られています。

今回は
ホワイトティー
現地の味を再現したチャイ
ニルギリ紅茶
最後にティーオイルを加えて
楽しんで頂きました

1杯の紅茶に
広い国土、違う宗教、違う民族が混ざり合った
エネルギーを感じます

インド紅茶、万歳!




[PR]
# by tearoombunbun | 2018-10-14 16:24 | Comments(0)



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧