<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
丸子紅茶作り体験
国産紅茶の生みの親

「多田元吉候」をご存じでしょうか
明治初期、中国を始めインドのダージリン、アッサムに
日本人として初めて行き,先進技術を持ち帰り
近代日本の紅茶、緑茶の生産基盤を築きました。
            
国産紅茶の育ての親

「村松二六さん」
その丸子で彼の残した業績を復活させ、
紅茶の製造の火付け役となった方
今回、その村松さんの指導で紅茶作りを体験しました
       丸子ティーファクトリー
b0158721_06213939.jpg
紅茶製造の流れ
収穫→萎凋(いちょう)→揉捻(じゅうねん)→発酵→乾燥

萎凋された茶葉           
b0158721_06240905.jpg

揉捻(じゅうねん)
葉をいっぱいに詰め込んで上部の蓋をする
             
b0158721_06302329.jpg
昭和28年製 木製の揉捻機
途中でこぼれた葉を機械に入れる
 
b0158721_06315907.jpg
葉は揉まれて
b0158721_06361468.jpg
次第に形を変えていく
     リンゴのような甘い、爽やかな香りが充満
b0158721_06380734.jpg

     途中経過を確認する 村松二六さん
b0158721_06410016.jpg
緑葉が残る~
b0158721_06425705.jpg
揉捻終了~木箱に詰めて、次の発酵を待つ
b0158721_06461474.jpg

発酵機(村松さんが特許取得)
湿度と温度の調整は熟練の技

b0158721_06502105.jpg

乾燥
緑茶を造る機械を改良した乾燥機
遠赤外線(これも村松さんのこだわり)
b0158721_06522792.jpg
乾燥機から出てきた紅茶

温かくて軽い手触り
b0158721_06591858.jpg
いろいろな大きさが混雑
b0158721_06552964.jpg
できあがった べにふうき
早速、試飲
      
b0158721_06573654.jpg
                                                                                                   明るい水色
b0158721_06581662.jpg

村松夫人と茶畑を見学
こだわりの有機肥料を使用
b0158721_07013583.jpg
そこは
イノシシを防ぐ金網に囲われていた・・・

有機の土壌には、微生物やミミズなどが多く
イノシシはそれを食べにくるという

囲いのないお隣の畑は化学肥料を使用するため
土壌は固く、雑草が茂っている
イノシシはそこをスルーして
村松畑にやってくる

べにほまれ 
セカンドの新芽は赤い
b0158721_07060816.jpg
多田元吉候の石碑    
b0158721_10502338.jpg
   
b0158721_07071209.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                     
多田元吉候がインドから持ち帰った茶の実は
茶業試験場で生育され、全国に広まるも
紅茶生産は次第に衰退していく

多田候の茶畑が荒れていることに心を痛めた
村松さんは、紅茶作りを復活します  
b0158721_07160520.jpg
美味しい紅茶が飲めることに感謝!

9:30~16:00まで
半日をかけた紅茶作りは
先人の苦労に思いをはせる1日となりました。

丸子にて



[PR]
by tearoombunbun | 2018-09-25 07:19 | お客様へお知らせ | Comments(0)
南インドの旅 ②茶
南インドで出会った茶 チャイ ティー
 
(写真の無断転用はご遠慮ください)

空港内レストラン クリ(素焼きの器)のチャイ
かわいい柄のクリは植木鉢のようなしっかりした作り
b0158721_05440518.jpg

ハイーティーでのチャイ 牛乳の優しさと心地良い甘み
b0158721_05491259.jpg

ホテルの定番 Tetleyのティーバッグ
b0158721_05533832.jpg

ドライブインのチャイ  独特のパフォーマンス
数回繰り返す~紅茶とミルク、砂糖がよく混ざり まろやかな味わいになる

b0158721_10203308.jpg
ここでは、コンデンスミルクを使用
特有の香りと甘み      
b0158721_05514665.jpg


レストランでのティー スタッフはシュガーを勧めてくれた
インド人は甘党が多い!
b0158721_05593150.jpg


ドライブインで ステンレスのチャイセット 
あのパフォーマンスで入れたチャイ 
泡ブクブクでサーブされる
b0158721_06035647.jpg


ドライブインのレモンティー 
ギューと絞ったレモンの香りがいい
b0158721_06525264.jpg


ホテルのベッドティー 指定時間に届けられる
 レモン多めで・・・
b0158721_06310427.jpg

レストラン 乾燥ジンジャーを使った個性的なチャイ
b0158721_06301490.jpg

ニルギリ鉄道 駅売店のチャイ 人気の店
b0158721_06195566.jpg

ドライブインでくつろぐ人たち
b0158721_07123476.jpg

茶園で、ティーとお菓子のサービス
紅茶はすでに甘みの付いたレモンティー
b0158721_07010657.jpg


インドの三大紅茶産地、アッサム・ダージリン・今回のニルギリを旅して

最大の紅茶生産を誇るインドですが、国内需要が多く、輸出量は年々少なくなっています
今回、南インドを旅して、1日に何杯もチャイを楽しんでいる人々に出会いました

クリを見かける事は少く、時代も変わったのでしょうか
多くの宗教と言葉に溢れたインド チャイが人々をつなぐ役割を果たしているようにも感じます

世界的な健康志向で緑茶の需要が高く、茶園では緑茶が多く作られています
インドでは紅茶を作って欲しいと願わずにはいられません




鎌倉で紅茶を楽しむ会 第8回 10月13日
 「インド紅茶のティーパーティー」

南インドのお話と現地の紅茶を予定しています。







[PR]
by tearoombunbun | 2018-09-16 07:37 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 遠足
9月12日 JR鎌倉駅 10時集合

子供の頃の遠足のようにリュックを背負って来た方
夏休みを取ってきた方、お休みを取ってきた方
 笑顔が集合

英国にいるような雰囲気・・・ここはどこでしょうか?

b0158721_23212227.jpg


遠足最大の楽しみ!
浄妙寺 石窯ガーデンテラスでアフタヌーンティー

ポットの紅茶
3段のトレイが運ばれて・・・ 
b0158721_23240095.jpg



下 サンドイッチ2種
  キュウリ・ローストビーフ
  野菜のキッシュ ピクルス
  鎌倉野菜のサラダ
               
b0158721_23541909.jpg
              

中 スコン2種 クロテッドクリーム&ジャム
  ○クランベリー□バターたっぷりのプレーン
b0158721_23252992.jpg

上 3種のケーキ
  パンナコッタ桃のゼリー乗せ
  季節のフルーツ     
b0158721_23254936.jpg
             


アフタヌーンティーを楽しむには
美味しい紅茶とお菓子をいただきながら
楽しいおしゃべりと美しいガーデンの中で
ゆったりと時を過ごすことです
今、この時に幸せが流れますように!
               (石窯ガーデンテラス)  
b0158721_23263810.jpg

2階のテラスからの景色
英国人ガーデナーの手入れの行き届いたガーデン
四季折々 咲いている花

小鳥の声が聞こえて
赤とんぼが飛んで
蝶々が花に止まって
蜂が水を飲みに

ここではゆったりとした時間が流れていきます
その後、浄妙寺境内を散策して~鎌倉最古の杉本寺から
元八幡~八幡宮~鎌倉駅で解散3時
皆様、お疲れ様でした!

遠足は1年に1回計画
鎌倉で紅茶を楽しむ会に参加された方なら
どなたでも参加していただけます

次回鎌倉で紅茶を楽しむ会
10月13日 「インド紅茶を楽しむ ティーパーティー」
お申し込み受付中

石窯ガーデンテラス
鎌倉市浄明寺3-8-50 (浄妙寺内)
TEL:0467-22-8851
月曜定休
お飲み物 10:00~
お食事  10:30~

浄妙寺山門から中へ


                             

[PR]
by tearoombunbun | 2018-09-13 01:33 | 紅茶教室最新情報 | Comments(1)
南インドの旅 ①花
南インドのニルギリ紅茶はインド産の中でも、クセの無いすっきりとした味わい
 ニルギリ=現地の言葉で 「ニル=青い・ギリ=山」の意味
なぜ、青い山といわれているのでしょうか?
12年に一度咲く花が咲き始めると、遠くから山が全体が青く見えるという
今年はその12年に一度咲く「ニーラクリンジ」~その花を求めて、南インドを旅してきました。

        (写真の無断転用はご遠慮ください)
 
          寺院にお供えするジャスミンの花
b0158721_17470094.jpg
お供え用の盛り花・鮮やかな色
b0158721_23241054.jpg
              ホテルのウェルカムフラワー
b0158721_18074811.jpg
b0158721_23281126.jpg
b0158721_10380401.jpg

                ポインセチアの大木
b0158721_23344160.jpg
ホテルの庭に咲く花々
b0158721_11061484.jpg
b0158721_11064567.jpg
b0158721_11073397.jpg
b0158721_11090379.jpg
山頂近く 鮮やかな色がハッとする
b0158721_22584977.jpg

12年に一度咲く花「ニーラクリンジ」の花に逢うまで
 
飛行機~成田→デリー→チェンナイ→マドゥライ
専用車で、マドゥライ→コダイカナル(2100mの高地)
地元ガイドの案内で、花の咲く急斜面へ
b0158721_13400791.jpg
b0158721_13434724.jpg
霧が上ってきた
b0158721_14115744.jpg
下から見上げると 青く・・
b0158721_13442287.jpg
遠目には「うすむらさき」
陽が当たると「薄ピンク」
近づく「むらさき」
下から見上げると「青く」色を変えていく

現地の案内人(60歳)彼も人生で4回しか見ていないという


Neela Kurinji ニーラクリンジ
学名:シソ目 キツネノマゴ科 イセハナビ属

b0158721_22560917.jpg
アップで見ると、リンドウが集まっているような形状


翌日の地元新聞、日本からこの花を見るツアーがやってきたと
一面に大きく写真入りで取り上げられました

地球上は環境破壊がすすんでいますが、12年後も花を咲かせてと欲しいと願いながら山を下りました



クリンジとは、神様の前に付ける敬称「聖なる」の意
人々の尊敬を集める花
花の中に先祖が宿ると言われている、敬愛する特別の木
特別の花敬

開花の翌年の1月15日には先祖に種を供え
特別なお祭りをする風習がある






[PR]
by tearoombunbun | 2018-09-03 14:49 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧