人気ブログランキング |
<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ポピーの大群
              相模原の河原にポピーの大群
b0158721_0125256.jpg


b0158721_01453100.jpg


b0158721_0154935.jpg


   雛罌粟(ひなげし)  ポピー  
   Papaver=けし属

  Papaverは、ラテン語の古名 papa(幼児に与えるお粥)が語源
  けし属の乳汁に催眠作用があるため、乳汁を粥に混ぜて子供を寝かしたことに由来

  また、花弁が薄いので、紙のパピルスに似ていることが由来とも言われる。

  
  このポピーから、採取が禁止されている「アヘン」は採れませんのでご安心を!

  本物の(ケシ)は、全体に大きく、葉がギザギザ・・・厳重な管理がされた所でしか
  見ることはできません。

  
  かつて収入のために違法なケシ栽培がされていた地域では、安定した生活の
  ために、紅茶の栽培が進められたということです。
  
  人々を苦しめたものから、楽しみの飲み物へ、生産者は心から喜んで紅茶作りを
  始めたことでしょう。
  
  ポピーの花を見ながら、紅茶が飲みたくなりました・・・。

b0158721_8453559.jpg


    河原のお花を摘んで花束を…
by tearoombunbun | 2015-05-27 00:39 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
クリームティーにしましょう
第3回 鎌倉で紅茶を楽しむ会  開催されました。

b0158721_632451.jpg

           アレンジ~ツバキの新葉、ナデシコ、カモミール


クリームティーは、ポットたっぷりの紅茶とスコンのセット
アフタヌーンティーのような決まりはなく、庶民が楽しむティータイム
主役はスコン

ここからは、一気にスコンの作り方、実演
     b0158721_6373276.jpg 
b0158721_6391763.jpg

b0158721_6433585.jpg
b0158721_6445597.jpg

b0158721_6492936.jpg
b0158721_6501961.jpg

   コツ~こねないように、まとめる、型抜きは「スコン!スコン!」と一気に。

b0158721_6545021.jpg

    ティータイム~たっぷりの紅茶、2種類のスコン
                 イチゴ・バター、和風クリームチーズ(この会だけのオリジナル)          
                 クロテッド・クリーム、ジャム

b0158721_712911.jpg


第4回「ウエディング・ティー」 6月13日(土)
   お席の残りはあとわずかです。





 
by tearoombunbun | 2015-05-17 07:08 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
ニームの木(和名;センダン)
紅茶の産地に詳しい方は「ニームの木」と聞いたら…ピンとくる方も多いと思います。

産地では、強い直射日光からお茶の木を守るために、茶園には
日陰樹が植えられ、産地独特の茶園風景を作りあげています。

 アッサムの茶園風景
b0158721_10413595.jpg


 中央の大きな木がニームの木
  大きな枝を広げて、茶樹を強い日差しから守り
  根は土壌の流失を防ぎ、葉は畑の肥料になる

 和名「センダン」
  センダン科の落葉高木、日本を含むアジア各地の暖地に自生
  高さ約8メートル。葉は大形の羽根状複葉。春に淡紫色の五弁花をつける。

 何と、箱根で見つけました!!
 
b0158721_1048584.jpg


 アップでみると・・・薄紫の小さな花
 
b0158721_1052213.jpg


 秋に付ける楕円形の実は、漢方薬としてとして駆虫、鎮痛剤、皮膚病に使われます。
 香木の名のように、建築・器具溶剤として普及しています。

 センダンは双葉より芳し・・・
 古くは獄門のさらし首の木に使われた・・という


  インド、アッサムの他、南インド、スリランカなどでも日差しの強い
  産地ではこの木が植えられています。

 アッサムで出会った見守りの木が、箱根で美しい花を付けていた、
 ニームの木と花との出会い、紅茶産地に思いをはせるひと時です。
by tearoombunbun | 2015-05-16 11:16 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
お知らせ
5月12(火),13日(水)は連休いたします。


ブンブン紅茶店 現在のおすすめ紅茶

 2015年ダージリン ファーストフラッシュ
   北東インド、2000m以上の山々が入り組んだヒマラヤ山麓に位置する。
   冷涼な気候、一日の寒暖の差が激しく、朝晩に霧が発生します。
   冬の寒さに耐えた茶樹、その年最初に芽吹いた一番茶がファーストフラッシュ
   緑茶では?と見紛うほどの、緑色から暗緑色の茶葉が多く入っています。
 
b0158721_624368.jpg


  ・キャッスルトン茶園
  
  ・グームティ茶園 ~ 店頭販売もしています。
            

 「春の息吹を感じる、さわやかで若々しい香りと、締まった渋みは
  のど越しがよい」

 2014年 ドアーズ
   北東インド、ヒマラヤの麓に位置する。
   北側の標高2000mを超える山々が入り組むダージリンのすそ野にもあたり
   南のアッサム平原へと連なっている
b0158721_643184.jpg


 「アッサム系の茶樹によるCTC茶の特徴を備え、水色は赤味が強く美しい
  アッサムに似た香りは優しく、味わいもマイルド」

 ヨークシャーティ ゴールド
  イギリスを代表するブレンド 
  お菓子との相性も良く、たっぷりとミルクを入れても負けないコク味がある。

お楽しみください。
by tearoombunbun | 2015-05-12 05:57 | お客様へお知らせ | Comments(0)
アンティーク
ブンブン紅茶店 2階バルコニーで、恒例の 鎌倉ボンボン アンティーク&蚤の市
開催されました。

何と! 
イギリス、オックスフォードのアリス本店の ポット&カップが出ています。
25年前のデッドストック物  テニエルのイラストがかわいい

b0158721_11281956.jpg



  不思議の国のアリス (新装丁)
b0158721_11302242.jpg






      ぺージを開くと・・・
      帽子屋のティーパーティー
b0158721_11331180.jpg















    お話では、帽子屋のマッド・ティーパーティーでアリスはゆっくりお茶を
   飲むことができませんでしたが
 
   手に入れた、ポット&カップで、ゆっくりとティータイムを楽しむことにしましょう。

そうだ!ティーパーティに参加する方には、“帽子”をかぶってきてもらうことにしましょうか。

 アンティークは思い出も楽しみも運んできてくれます。
by tearoombunbun | 2015-05-10 11:54 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
知らないことだらけ・・・
5月は新緑の季節、鎌倉の山並みは、まるでサラダのよう
ドレッシングをかけて食べてしまいたくなるほど、青々とした美しさです。

b0158721_17522383.jpg


b0158721_17534017.jpg


これは「なんじゃもんじゃ」の木に咲いた花

アップでみると・・・
b0158721_17552453.jpg

白い小さな花が、集まって咲いています。

白い清楚な花は、満開になると花嫁の綿帽子のように葉を覆い、可憐に華やぎます。

茅ヶ崎、天沼の成就院で見頃です。

なんじゃもんじゃ、正式名は“ひとつばたご” 木犀科に属する落葉高木、トネリコの仲間

満開の花の下で思わず「なんじゃこれ、なんじゃ 何じゃ」と叫んでしまったほど

お花の名前ひとつでも知らないことだらけです。
by tearoombunbun | 2015-05-08 18:05 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
連休中 ランチメニューの限定
大型連休中、ブンブン紅茶店のランチメニューを一部限定いたします。
 
ランチタイム 12:00~14:00

 ・ドライカレー
 ・サンドウイッチ(・生ハムベーコン・チキン・オムレツの3種)
 
  紅茶付(メニューの中からお選びいただけます)
 
NHK サラメシ で紹介されました「チキンカレー」はお作りできませんのでご了承ください。


おすすめ紅茶
 
 ・ダージリン春摘み キャッスルトン茶園

 ・インド、ドアーズ

 ・ヨークシャーティーゴールド

  
b0158721_1121441.jpg
 
 
かき氷も始めました!

なお、連休中は多くのお客様がご来店されます、
混雑時にはお飲み物だけでも、ご注文からお出しするまでに、お時間がかかることもございます。

 ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

多くのお客様に楽しいひと時をお過ごしいただく為に
長時間のご利用,PCでの作業などのデスクワーク、スマホでのゲームはご遠慮いただいております。

混雑時には、スタッフがお声をかけさせていただく場合もございます。
ご協力をお願い申し上げます。

b0158721_10204240.jpg


                                         店主
by tearoombunbun | 2015-05-02 11:00 | お店のメニュー | Comments(0)



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧