カテゴリ:紅茶教室最新情報( 73 )
第10回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 
2018年 最後は、アフタヌーンティー
楽しむ会の最後を飾る、楽しみなイベント

ご来店の方から、ピンクの封筒を引いて着席
開封は後のお楽しみ
中にプレゼント番号が書かれています

テーブルセッティンブ
ティーカップは、
ウェッジウッド、ミントン           
b0158721_05214893.jpg
中央テーブル
クリスマスカラー
トルコのチャイダンルック
ツリー型 ティーコージ
聖者人形
アンティーク ティーキャデイ
b0158721_05211458.jpg
ウェルカムティー フルーツティ

サンドウィッチ・フルーツケーキ
南インド ニルギリ グレンデール紅茶BOP
b0158721_05220744.jpg
チョコスコン
ビスケット風
b0158721_05224690.jpg
トライフル
紅茶は
南インド ニルギリ KORAKUNDA
手摘み OP
b0158721_05222855.jpg
(写真撮影:森杉延子様)


いよいよプレゼント番号の発表
中には番号とシェークスピア 人生の台詞
この台詞を語りプレゼント受け取り 開封

あちこちで歓声が上がっています。

2018年 皆勤賞が3名
参加された皆様、ありがとうございました。

2019年度 第1回は2月16日からスタート
毎回違った内容を組み立て
紅茶に関わる
ワクワク感をお伝えしています。


2019年 鎌倉で紅茶を楽しむ会
気になる内容の回をお選び下さい

参加をお待ちしております。

予定は、HP[紅茶セミナー]をご覧の上
お申し込み下さい

ブンブン紅茶店 T&F 0467-25-2866
メール teatime-kamakura@jcom.zaq.ne.jp






[PR]
by tearoombunbun | 2018-12-03 05:47 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第9回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 
「イギリス ブルー&ホワイトの世界」開催されました。

マイセン・セヴールに代表される、大陸の窯は、王室の
バックアップにより大きく発展しました。
b0158721_12192609.jpg

英国の陶磁器は、その独自性からも判るように
民窯から発展していきました
講師自身も大好きなブルーウィロー柄の小物を
見ていただきながら英国陶磁器の歴史を覗いて見ました。
               
b0158721_11141028.jpg
中央に、根を張って大きく葉を広げている「柳」
そこから Willowパターン、ブルーウィローと
呼ばれています。

橋の3人、船に小島、大空を飛ぶ二匹の鳥
そこには悲しい物語      

100年以上前のスロップボール
茶液を捨てる器
b0158721_11232844.jpg

1870年代 ティーボール
左:コールポート 右:不明            
(向こうに並ぶ年代別ミントンデザインカップ)                      
                      
b0158721_11262430.jpg
                                                                                             
ウェッジウッドのトリオ
ケーキ皿とカップ&ソーサー
b0158721_11321252.jpg
ミニチュアのティーセット
カップの直径4.5cm
小さい中に素晴らしい絵付け

誰が遊んだのでしょう
b0158721_11355013.jpg

奥.ジャムデイシュ
 シルバーの四角い器が入れ子

手前:チーズ置(木枠にはめ込まれた)
b0158721_11395935.jpg
講師が毎日使用
日本製の大皿(JAPANの刻印)
ファーザーズカップ
b0158721_11433310.jpg
ティータイム
ニルギリ:グレンデール茶園
アップルクランブルケーキ            
b0158721_11502037.jpg
b0158721_11505017.jpg
自国に陶土が無かったために、
磁器の焼成には大変苦労をした時代が続きます
雄牛の大腿骨を配合した”ボーンチャイナ”等
今も私たちを楽しませてくれるのは
英国製の物が多いのではないでしょうか。

ティーカップの内側は白いものを
紅茶の水色がきれいに見えることはおいしさに繋がります

さあ、今日はどのカップにしましょうか


次回第10回は、ティーパーティー
今年度の会に参加された方なら、どなたでもお申し込みいただけます。








[PR]
by tearoombunbun | 2018-11-11 12:10 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 遠足
9月12日 JR鎌倉駅 10時集合

子供の頃の遠足のようにリュックを背負って来た方
夏休みを取ってきた方、お休みを取ってきた方
 笑顔が集合

英国にいるような雰囲気・・・ここはどこでしょうか?

b0158721_23212227.jpg


遠足最大の楽しみ!
浄妙寺 石窯ガーデンテラスでアフタヌーンティー

ポットの紅茶
3段のトレイが運ばれて・・・ 
b0158721_23240095.jpg



下 サンドイッチ2種
  キュウリ・ローストビーフ
  野菜のキッシュ ピクルス
  鎌倉野菜のサラダ
               
b0158721_23541909.jpg
              

中 スコン2種 クロテッドクリーム&ジャム
  ○クランベリー□バターたっぷりのプレーン
b0158721_23252992.jpg

上 3種のケーキ
  パンナコッタ桃のゼリー乗せ
  季節のフルーツ     
b0158721_23254936.jpg
             


アフタヌーンティーを楽しむには
美味しい紅茶とお菓子をいただきながら
楽しいおしゃべりと美しいガーデンの中で
ゆったりと時を過ごすことです
今、この時に幸せが流れますように!
               (石窯ガーデンテラス)  
b0158721_23263810.jpg

2階のテラスからの景色
英国人ガーデナーの手入れの行き届いたガーデン
四季折々 咲いている花

小鳥の声が聞こえて
赤とんぼが飛んで
蝶々が花に止まって
蜂が水を飲みに

ここではゆったりとした時間が流れていきます
その後、浄妙寺境内を散策して~鎌倉最古の杉本寺から
元八幡~八幡宮~鎌倉駅で解散3時
皆様、お疲れ様でした!

遠足は1年に1回計画
鎌倉で紅茶を楽しむ会に参加された方なら
どなたでも参加していただけます

次回鎌倉で紅茶を楽しむ会
10月13日 「インド紅茶を楽しむ ティーパーティー」
お申し込み受付中

石窯ガーデンテラス
鎌倉市浄明寺3-8-50 (浄妙寺内)
TEL:0467-22-8851
月曜定休
お飲み物 10:00~
お食事  10:30~

浄妙寺山門から中へ


                             

[PR]
by tearoombunbun | 2018-09-13 01:33 | 紅茶教室最新情報 | Comments(1)
フルーツ ティーパーティー
酷暑の中、第5回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「フルーツ ティーパーティー」開催されました。

基本のアイスティ―から、バリエーションまで
柑橘類を使ったティーパンチ、紅茶とフルーツの合わせ方
おいしさと冷たさの世界の広がりを体験!

この夏こそ、アイスティーで水分補給とリラックスタイム
b0158721_05241890.jpg
  講師オリジナルレシピ  カンチェンジュンガ  
              伯爵夫人の日傘 
b0158721_05264353.jpg
 シャンパンティー  ティージャパン(ビールそっくり)
    アルコールがダメな方も、同じように乾杯!

b0158721_05290427.jpg
          ティーパンチ
柑橘類の成分「リモネン」リラックス効果、快眠を促す効果
肩こり、冷え性、むくみの改善予防など、嬉しい働きがある
             
b0158721_05320041.jpg
  ティータイム
  アールグレイ紅茶、ブルーベリーヨーグルトケーキ


最近は糖度の高いフルーツトマトなど、野菜と果物の区別がつかなくなっています

果物と野菜の違いはご存知でしょうか

野菜~田畑で栽培、1年生の草木作物、加工していない前提
   タンパク質、ビタミンB郡、食物繊維、ミネラル、
   カリウム、カルシュウム、鉄などの栄養含

果物~どのくらいの甘さ(糖度)があるか、多年生で同じ木から何年も収穫可
   ブドウ糖、果糖、糖質、炭水化物、クエン酸、
   水油性食物繊維などの栄養含

糖度が高くても、味覚として感じる味が甘いのではなく
果糖やブドウ糖、酸味などのバランスで感じ方が違う

夏の定番「スイカ」「メロン」「イチゴ」は果実的野菜!

次回 9月は「遠足」を予定
   
第8回 10月13日
「インド紅茶を楽しむ ティーパーティー」








[PR]
by tearoombunbun | 2018-07-23 05:53 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第5回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「イギリス帆船物語」開催されました。

帆船には冒険とロマンが溢れて・・・

イギリス東インド会社の話から、イギリスの海運の歴史まで、
ヨーロッパと航海は切っても切り離せない深いつながりが
様々なミステリーと共にお話しさせていただきました。
b0158721_09085571.jpg
   帆船カティーサーク  グリニッジのドックで展示
b0158721_07240418.jpg
   帆船のデザインされた紅茶缶 
    快速でその年の新茶を運んだクリッパー船には
    茶の味わいに驚いた庶民の想いが詰まっているよう
b0158721_07251858.jpg
  ティータイム カティーサークオリジナルブレンド
         マデイラケーキ
             
b0158721_07592632.jpg
マデイラケーキ:古くからイギリスで食べられていたケーキ
        レモンをたっぷり使用
        帆船の寄港地、マデイラ島から命名

b0158721_07315898.jpg
  オリバー・クロムウェル  「航海法」を制定

b0158721_07285895.jpg
  フランシス・ドレイク 東インド会社の「貿易商人」
 
b0158721_09463574.jpg
  ウォルター・ローリー  インテリの「貿易商人」

*3枚の版画はブンブン店内展示よりお借りしました


次回「フルーツ・ティーパーティー」7月21日
フルーツを使ったレシピ、ティーパンチなど紹介

参加をお待ちしております。


                       

[PR]
by tearoombunbun | 2018-06-17 09:55 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第4回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「童話の中のティータイム」
イギリスの児童文学の作品とお話に登場するお菓子について
「ナルニア国物語」を中心に11の作品を紹介
b0158721_06374042.jpg
資料:本とお菓子(タ―キッシュデライト)
b0158721_06133069.jpg
テーブルを飾る、ミニチュアのティーセット(実用)
1640年代クロテッドクリーム缶
b0158721_06320646.jpg
こちらのテーブルは、ピーターラビットでまとめ
カモミールのお花、ピーター柄のお皿と小物入れ
1940年代のうさぎ柄の古い生地のティーコージ
b0158721_06212620.jpg

真鍮製、実際使われていたティーの小物
ミルク、お砂糖入れと小さなスプーン、茶漉し
小さくても使いやすく
ナーサリーティーが目に浮かびます

b0158721_06410618.jpg
ティータイム
プレミアムディンブラ
講師手作りのスコンとイチゴジャム
紫色(ロクム風)ゼリー
b0158721_06533941.jpg

「ナルニア国物語」に登場した タ―キッシュデライト
              (ロクム)
 食感がよく似たゼリー
b0158721_07122113.jpg
講師がブラウスの胸に付けていた・・・・ボタン!
お茶関係の小物で遊んでみました!!


ここでクイズ!!
ピーターのお母さんは、ご主人(マクレガーさんお農場で捕まってパイにされてしまった)を亡くしてから、どのように生計を立てていたのでしょうか?
それが「ベンジャミン バーニーのお話」で紹介されています。
b0158721_06484771.jpg
うさぎ穴で小さなお店を開いています。
カモミールティー、ラビットタバコ(ラベンダー)その他
ラビットウールで小物を編む注文も受けていました。
4人の子供たちを育てることは大変だったことがうかがえます。


キャンセル待ちが出るほどの人気の会になりました。
参加できなかった皆様、申し訳ございません

次回、6月16日 第5回「イギリス 帆船物語」
イギリスへ紅茶を運んだ船とティーレースの熱狂
どの様なお茶が運ばれたのか、新茶について

残席数はあとわずかです。
ご参加をお待ちしております。




[PR]
by tearoombunbun | 2018-05-13 07:02 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第3回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
スリランカ紅茶を楽しむ ティーパーティー

昨年、2017年はセイロン紅茶誕生150周年に当たりました。スコットランド人のジェームス・テーラーが島で初めて茶樹栽培を始めたのが1867年のことでした。
b0158721_16363196.jpg
記念のスタンプが販売されました。左の立派なお鬚の方がジェームス・テーラー
b0158721_16394387.jpg
セイロン紅茶の特徴
1)気候、 年2回のモンスーンとその中間の降雨期がある、その影響で産地によりクオリティーシーズンが異なる。
2)標高による分類 生産される工場の表好立地により3つに区分 それぞれ異なった特徴をあわせ持つ
  ハイグロウンティー     標高1300~2300
  ミデイアムグロウンティー  標高670~1300
  ロウグロウンティー     標高670m以下
 
それぞれをテイスティングカップで飲み比べ、水色、香り、味のバランスを確認

ティータイム
 ウバ紅茶・スリランカパーンケーキにジャガリーから作られたシロップをかけて、
 スリランカのジンジャークッキー
 ジャガリーを砕いたものも食べていただきました。

次回、第4回「童話の中のティータイム」5月12日(土) 
参加お申込み受付中です・


[PR]
by tearoombunbun | 2018-04-16 16:58 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第1回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 
第1回「ロマンス オブティー」が開催されました。

紅茶にはロマンが溢れて・・・
初回はそんなお話を中心に紅茶の基礎知識、
紅茶はどのように作られるのか、
美味しいいれ方などをご紹介しました。

紅茶はツバキ科の植物から出来ています。
テーブルにはツバキとサザンカ
b0158721_11303149.jpg
英国のアンティーク刺繍のテーブルクロス
紅茶のサイズ見本 OP・BOP・BOPF・CTC
b0158721_11351005.jpg
美味しいいれ方
上(沸騰前のお湯を使って入れた紅茶)
下(完全に沸騰したお湯を使った紅茶)
水色の違いを確認

ティータイムは講師お手製
ユズピールのパウンドケーキ
グルグットス(チョコ+マシュマロ他)
スリランカのヌワラエリア紅茶との相性は抜群

他に日本の発酵茶として、碁石茶、富山の黒茶など
紅茶の源流と共に多くのお茶を愉しんで頂きました。

次回 第2回 3月17日
「スパイスティーパーティー」
スパイスの使い方・チャイ・スパイスティーなど
ご紹介いたします。

お申し込みお問い合わせは、
ブンブン紅茶店(0467‐25‐2866)
Eメール:teatime-kamakura@jcom.zaq.ne.jp






[PR]
by tearoombunbun | 2018-02-18 11:48 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
お知らせ
2018 鎌倉で紅茶を楽しむ会、お申し込み方法について

初めて参加、お申込みの方は
 お名前・〒ご住所・連絡先 をお知らせくださいますようお願いしております。
ご案内を送らせていただきます。

ご案内送付→お振込み→振り込み確認=参加受付
お手数ですが、よろしくお願いいたします。

第1回 2月17日(土)「ロマンス・オブ・ティー」より始まります。

鎌倉で紅茶を楽しむ会
 初鹿野みのぶ

[PR]
by tearoombunbun | 2018-01-14 10:27 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
ティーパーティー
第11回 鎌倉で紅茶を楽しむ会「ティーパーティー」が開催されました
最後の会はパーティー形式で楽しみます
皆勤賞は4名~修了証が渡されて、ティーパーティーの始まり

  キュカンバーサンドウイッチ、数種のケーキ、スコン、
  チョコレート、ビスケット
b0158721_06241604.jpg
  紅茶:F&M クィーンズ・ブレンド
  メインケーキ:フルーツケーキのカスターソース添え
b0158721_00153203.jpg


落ち着いたカラ~のアレンジ
 葛の実、アイビーの実、ツワブキの花など
講師お手製のテーブルフラワーは季節感が溢れて・・・

b0158721_06494576.jpg

テーブルにはトナカイがお出迎え
カードが添えられています

開くと、プレゼント番号、シェイクスピアの名言
番号を呼ばれた方は、その名言を読んでプレゼントを受け取り

最大の盛り上がりはプレゼントの開封

それぞれが見せ合って笑顔が広がります

今年もたくさんの方が〝鎌倉で紅茶を楽しむ会”に参加
いただきました。


2018年度 2月17日より第1回が始まります。
参加をお待ちしております。






[PR]
by tearoombunbun | 2017-12-03 07:07 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧