南インドの旅 ④ニルギリ山岳鉄道
ユネスコの世界遺産に登録されている
"インドの山岳鉄道群”ご存じでしょうか?
  
ダージリン・ヒマラヤ鉄道(1999年登録)
ニルギリ山岳鉄道    (2005年登録)
カールカー=シムラー鉄道(2008年登録)

(写真の無断転用はご遠慮ください)

今回はその中の一つ
ニルギリ山岳鉄道に乗車してきました。
 ウーティ駅
 鉄道駅舎は全てブルー
             
b0158721_05400717.jpg
ホームに入りいよいよ乗車
b0158721_05423215.jpg
最後尾はこんな感じ
家族連れが記念撮影   
b0158721_05431793.jpg
最初のブルカラーのトンネル
b0158721_05472816.jpg
進行方向 右側はこんな景色の連続
線路脇、直ぐに茶畑
b0158721_05492957.jpg
遠く茶畑と街並み     
b0158721_05543374.jpg
b0158721_06513793.jpg
単線なので途中待機の対向車両は
豪華な特別車両

車掌が手に持つ、赤と緑の旗に注目
こちらの列車が通過すると緑旗を揚げてOK合図
b0158721_05562444.jpg
線路脇はユーカリの大木
b0158721_05590765.jpg
大きくなった木は伐採
①花 で紹介しましたが
ユーカリの植林は国の指導
b0158721_06002004.jpg
途中駅 
ブルーカラーで統一された パラソルが可愛い
b0158721_06471094.jpg
鉄橋を渡る
b0158721_06131059.jpg
後方はこんな感じ
カメラ目線の車掌
b0158721_06140684.jpg
COONOOR 市内に入る
b0158721_06252352.jpg
到着 
記念のモニュメント
b0158721_06275500.jpg
ニルギリ山岳鉄道
メットゥバーラャム~ウーティー間約46Kmを
4時間50分で走る鉄道

今回はウーティーからクーヌールまで
80分ほど乗車      
b0158721_06490599.jpg

車窓から広がる景色は素晴らしく
遠景の茶畑はグリーンのジュータン
忘れられないものとなりました。

日本なら撮り鉄ファンが沿道を埋めるのでしょうが
地元民にとっては特別感はないようです

国内からは鉄道ファンのインド人が乗りに来ています
乗車チケットと座席指定は直ぐ完売
ずいぶん前から「乗るぞー」と用意してから行きましょう

ちなみに
全区間4時間50分は「過酷」とのこと
それなりの覚悟は必要です

南インドニルギリ鉄道 万歳!





[PR]
by tearoombunbun | 2018-10-22 06:39 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
<< 第9回 鎌倉で紅茶を楽しむ会  インド紅茶を楽しむ ティーパーティー >>



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧