インド紅茶を楽しむ ティーパーティー
第8回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「インド紅茶を楽しむ ティーパーティー」が開催されました。

知っているようで知らない、インド

ヒマラヤ山脈に近いところ=温帯気候
インド洋、アラビア海にむかい=熱帯気候

冬季 1~3月には、北東モンスーンが大陸から海へ
夏季 6~8月には、南西モンスーンがインド洋に面した
   西海岸からヒマラヤ山脈へ大量の雨が降る
               
b0158721_15522098.jpg

インド紅茶のロゴマーク(インド紅茶100%)
 カゴを背負った、茶摘み婦の横顔
b0158721_05355159.jpg

紅茶産地 ダージリン、アッサム、ニルギリ
産地の紅茶100% 信頼のロゴマーク
b0158721_15201550.jpg
インドの国土は日本の8.2倍(西ヨーロッパと同じ広さ)

広い国土の中でも紅茶の産地
北東インドのダージリン、アッサム
南インドのニルギリ
それぞれが違った特徴を持つ

公用語:22言語(お札には22の言葉が書かれている)
民族、宗教もたくさんありすぎて、日本人には理解できない
ベンガル人(ベンガル語)とタミール人(タミール語)が話を
する場合共用語の英語での会話となる。

DUST
直訳のゴミ、チリではなく 
紅茶のサイズでは一番小さいもの
サラサラな粉のような状態
日本ではあまり見かけないサイズ
参加者にはお土産として少しお渡ししました
b0158721_15352800.jpg
ティータイム
ニルギリ紅茶(CHAMRAJ TEA ESTATE)
インドのお菓子
b0158721_15595679.jpg
チョコレート Chikki
b0158721_16024518.jpg

右 インドのスナック
左上 Soan パイナップル味
左下 Butter Scotch バター味
 紅茶と一緒に口の中で溶けてしまう
           
b0158721_16042158.jpg
インドのクラッカー
サックサク 美味しい!
b0158721_16084760.jpg
最後に、レモングラス ティーオイルを一滴
b0158721_16095438.jpg
紅茶が違った味わいに変身

南インドはハーブの生産地
このようなティーオイルが造られています。

今回は
ホワイトティー
現地の味を再現したチャイ
ニルギリ紅茶
最後にティーオイルを加えて
楽しんで頂きました

1杯の紅茶に
広い国土、違う宗教、違う民族が混ざり合った
エネルギーを感じます

インド紅茶、万歳!




[PR]
by tearoombunbun | 2018-10-14 16:24 | Comments(0)
<< 南インドの旅 ④ニルギリ山岳鉄道 南インドの旅 ③茶園 >>



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧