丸子紅茶作り体験
国産紅茶の生みの親

「多田元吉候」をご存じでしょうか
明治初期、中国を始めインドのダージリン、アッサムに
日本人として初めて行き,先進技術を持ち帰り
近代日本の紅茶、緑茶の生産基盤を築きました。
            
国産紅茶の育ての親

「村松二六さん」
その丸子で彼の残した業績を復活させ、
紅茶の製造の火付け役となった方
今回、その村松さんの指導で紅茶作りを体験しました
       丸子ティーファクトリー
b0158721_06213939.jpg
紅茶製造の流れ
収穫→萎凋(いちょう)→揉捻(じゅうねん)→発酵→乾燥

萎凋された茶葉           
b0158721_06240905.jpg

揉捻(じゅうねん)
葉をいっぱいに詰め込んで上部の蓋をする
             
b0158721_06302329.jpg
昭和28年製 木製の揉捻機
途中でこぼれた葉を機械に入れる
 
b0158721_06315907.jpg
葉は揉まれて
b0158721_06361468.jpg
次第に形を変えていく
     リンゴのような甘い、爽やかな香りが充満
b0158721_06380734.jpg

     途中経過を確認する 村松二六さん
b0158721_06410016.jpg
緑葉が残る~
b0158721_06425705.jpg
揉捻終了~木箱に詰めて、次の発酵を待つ
b0158721_06461474.jpg

発酵機(村松さんが特許取得)
湿度と温度の調整は熟練の技

b0158721_06502105.jpg

乾燥
緑茶を造る機械を改良した乾燥機
遠赤外線(これも村松さんのこだわり)
b0158721_06522792.jpg
乾燥機から出てきた紅茶

温かくて軽い手触り
b0158721_06591858.jpg
いろいろな大きさが混雑
b0158721_06552964.jpg
できあがった べにふうき
早速、試飲
      
b0158721_06573654.jpg
                                                                                                   明るい水色
b0158721_06581662.jpg

村松夫人と茶畑を見学
こだわりの有機肥料を使用
b0158721_07013583.jpg
そこは
イノシシを防ぐ金網に囲われていた・・・

有機の土壌には、微生物やミミズなどが多く
イノシシはそれを食べにくるという

囲いのないお隣の畑は化学肥料を使用するため
土壌は固く、雑草が茂っている
イノシシはそこをスルーして
村松畑にやってくる

べにほまれ 
セカンドの新芽は赤い
b0158721_07060816.jpg
多田元吉候の石碑    
b0158721_10502338.jpg
   
b0158721_07071209.jpg
                                                                                                                                                                                                                                                                     
多田元吉候がインドから持ち帰った茶の実は
茶業試験場で生育され、全国に広まるも
紅茶生産は次第に衰退していく

多田候の茶畑が荒れていることに心を痛めた
村松さんは、紅茶作りを復活します  
b0158721_07160520.jpg
美味しい紅茶が飲めることに感謝!

9:30~16:00まで
半日をかけた紅茶作りは
先人の苦労に思いをはせる1日となりました。

丸子にて



[PR]
by tearoombunbun | 2018-09-25 07:19 | お客様へお知らせ | Comments(0)
<< 南インドの旅 ③茶園 南インドの旅 ②茶 >>



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧