南インドの旅 ①花
南インドのニルギリ紅茶はインド産の中でも、クセの無いすっきりとした味わい
 ニルギリ=現地の言葉で 「ニル=青い・ギリ=山」の意味
なぜ、青い山といわれているのでしょうか?
12年に一度咲く花が咲き始めると、遠くから山が全体が青く見えるという
今年はその12年に一度咲く「ニーラクリンジ」~その花を求めて、南インドを旅してきました。

        (写真の無断転用はご遠慮ください)
 
          寺院にお供えするジャスミンの花
b0158721_17470094.jpg
お供え用の盛り花・鮮やかな色
b0158721_23241054.jpg
              ホテルのウェルカムフラワー
b0158721_18074811.jpg
b0158721_23281126.jpg
b0158721_10380401.jpg

                ポインセチアの大木
b0158721_23344160.jpg
ホテルの庭に咲く花々
b0158721_11061484.jpg
b0158721_11064567.jpg
b0158721_11073397.jpg
b0158721_11090379.jpg
山頂近く 鮮やかな色がハッとする
b0158721_22584977.jpg


    12年に一度咲く花「ニーラクリンジ」の花に逢うまで

飛行機~成田→デリー→チェンナイ→マドゥライ
専用車で、マドゥライ→コダイカナル(2100mの高地)
地元ガイドの案内で、花の咲く急斜面へ
b0158721_13400791.jpg
b0158721_13434724.jpg
霧が上ってきた
b0158721_14115744.jpg
下から見上げると 青く・・
b0158721_13442287.jpg
遠目には「うすむらさき」
陽が当たると「薄ピンク」
近づく「むらさき」
下から見上げると「青く」色を変えていく

現地の案内人(60歳)彼も人生で4回しか見ていないという


Neela Kurinji ニーラクリンジ
学名:シソ目 キツネノマゴ科 イセハナビ属

b0158721_22560917.jpg
アップで見ると、リンドウが集まっているような形状


翌日の地元新聞、日本からこの花を見るツアーがやってきたと
一面に大きく写真入りで取り上げられました

地球上は環境破壊がすすんでいますが、12年後も花を咲かせてと欲しいと願いながら山を下りました



花の名前はコダイカナル地区にある寺院「クリンジ・アンダーバー・テンプル」
の名前からきています
寺院の庭にもたくさんのクリンジの花が咲いています。お寺の名前がつけられた
人々の尊敬を集める花
花の中に先祖が宿っていると言われ、開花の翌年の1月15日にはこの寺院で
特別なお祭りが開催されます






[PR]
by tearoombunbun | 2018-09-03 14:49 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
<< 鎌倉で紅茶を楽しむ会 遠足 フルーツ ティーパーティー >>



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧