第4回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「童話の中のティータイム」
イギリスの児童文学の作品とお話に登場するお菓子について
「ナルニア国物語」を中心に11の作品を紹介
b0158721_06374042.jpg
資料:本とお菓子(タ―キッシュデライト)
b0158721_06133069.jpg
テーブルを飾る、ミニチュアのティーセット(実用)
1640年代クロテッドクリーム缶
b0158721_06320646.jpg
こちらのテーブルは、ピーターラビットでまとめ
カモミールのお花、ピーター柄のお皿と小物入れ
1940年代のうさぎ柄の古い生地のティーコージ
b0158721_06212620.jpg
真鍮製、実際使われていたティーの小物
ミルク、お砂糖入れと小さなスプーン、茶漉し
小さくても使いやすく
ナーサリーティーが目に浮かびます
b0158721_06410618.jpg
ティータイム
プレミアムディンブラ
講師手作りのスコンとイチゴジャム
紫色(ロクム風)ゼリー
b0158721_06533941.jpg
「ナルニア国物語」に登場した、タ―キッシュデライト(ロクム)
 食感がよく似たゼリー
b0158721_07122113.jpg
講師がブラウスの胸に付けていた・・・・ボタン!
お茶関係の小物で遊んでみました!!


ここでクイズ!!
ピーターのお母さんは、ご主人(マクレガーさんお農場で捕まってパイにされてしまった)を亡くしてから、どのように生計を立てていたのでしょうか?
それが「ベンジャミン バーニーのお話」で紹介されています。
b0158721_06484771.jpg
うさぎ穴で小さなお店を開いています。
カモミールティー、ラビットタバコ(ラベンダー)その他
ラビットウールで小物を編む注文も受けていました。
4人の子供たちを育てることは大変だったことがうかがえます。


キャンセル待ちが出るほどの人気の会になりました。
参加できなかった皆様、申し訳ございません

次回、6月16日 第5回「イギリス 帆船物語」
イギリスへ紅茶を運んだ船とティーレースの熱狂
どの様なお茶が運ばれたのか、新茶について

残席数はあとわずかです。
ご参加をお待ちしております。




[PR]
by tearoombunbun | 2018-05-13 07:02 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
<< 夏のメニュー 新茶入荷しました! >>



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧