神農さま
古代中国の仙人で神様でもある「神農さま」をご存知でしょうか?

              その神農さまが祀られている
b0158721_1442920.jpg

           「少彦名神社」(通称 神農さん)へ行ってきました。
             大阪市中央区道修町2丁目 スクナヒコナ神社


身近な草木の薬効を調べるために自らの体を使って、草根木皮をなめ、何度も毒にあたってはそのつど、薬草(お茶)の力で蘇ったといわれている。こうして発見した薬により、多くの民衆が救われて、神農は薬祖神として祀られるようになりました。
b0158721_14584239.jpg

薬の神として“健康増進” 交易の神として“商売繁盛”の神徳があるとされています。

b0158721_15115462.jpg


ビルの間にあるので見つけにくいかもしれませんが、神社の前にはこんなのぼりが出ています。
b0158721_15101193.jpg


大阪はちょっと遠いという方は、東京御茶ノ水にある「湯島聖堂」をお勧めします。
ここでは、年に一度、11月23日「神農祭」が開催され、祠の中のお姿がご開帳されます。
木の葉の衣装をまとい、頭には角が生え、右手にムチ、左手に草を持っている
木彫りのお姿はちょっと怖い?かもしれませんが…

最近は“ゆるきゃら”も登場して子供たちにも親しまれています。
[PR]
by tearoombunbun | 2015-03-08 15:23 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)
<< 2015年 鎌倉で紅茶を楽しむ... 桃の節句を楽しむティータイム ... >>



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧