茶湯
こども達の夏休みが始まってすぐ北京旅行へ行ってきました。
北京へは20年くらい前に一度だけ旅行しました。
すっかり町の風景は変わっているし、若いころと今とでは視点が違うし、こどもも連れているし・・・。
色々ありましたが、楽しい思い出、少しお付き合い下さい。
b0158721_22575648.jpg

この銅製の巨大な薬缶、茶湯(チャータン)というものを作る時に湯を注ぐもののようです。
この茶湯について調べてみようと自宅の資料を探しましたが、詳しく書いてあるものはありませんでした。
茶といっても、いわゆるツバキ科のお茶とは関係なく、杏仁や黍の粉に湯を注ぎ砂糖などを入れて食べる
葛湯のようなものみたいです。それにしてもこの薬缶、火鍋がルーツとされるサモワールの変化の過程を感じませんか?
電気のプラグがついているので今は電気を使っている様子ですが、昔は中央の煙突部分に炭などを入れて使っていたのでしょうか。
残念ながら今回は食べることが出来ませんでしたが、次回是非試したいと思います。
[PR]
by tearoombunbun | 2012-08-08 23:19 | Comments(0)
<< サカモトセイジ 個展 佐助さんぽ市 夏の紅茶教室 >>



店主の紅茶が飲みたくなる話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧