今日もありがとうございました
今日は、陽気に恵まれた三連休中日で大勢のお客様にご来店いただきました。
今日のような日は、お水のおかわりが遅くなってしまったり、お待たせしたり、ケーキが売り切れたりと本当お客様にご迷惑をかけてしまいます。

お会計の時、お客様にお待たせした事をお詫びしたら、その方はこんな事をおっしゃられました。
『こちらこそ、居心地良くてつい長居をしてしまいました』
疲れも何もかも吹き飛んでしまいました。
あたたかいお客様に恵まれて、なんて幸運な店なのでしょうか!
心からありがとうございます。
[PR]
# by tearoombunbun | 2009-03-21 22:51 | Comments(0)
食べられない
b0158721_23363842.jpg

私は20歳の時に、1965年式TRIUMPH VITESSEを乗ってから、すっかり古い車が好きになってしまいました。
自由になるお金もそんなにありませんから、色々工夫して30年来楽しんでいます。
2ヵ月に一度横浜の開港記念館で開かれている自動車の勉強会に先日参加してきました。
今回のテーマは、1950年代のレースで活躍した、小排気量フランス車『DBパナール』について。
もちろん私はお店がありますから、いつも後半の1時間半くらいしか聞けないのですが、
私にとっての大事な時間です。
写真はDBパナールをかたどったクッキー。
主催者の奥様の手作りです。
当時9台だけ製造されたこの自動車にならって、こちらも9枚のみ製造。
ブルーのアイシングがいかにもフランス車。
もったいなくて、とても食べられません。

※ やっぱり息子と明日のおやつにいただきます。
[PR]
# by tearoombunbun | 2009-03-17 00:09 | Comments(0)
アーリースプリング
b0158721_1258437.jpg

お久しぶりでございます。
待ちに待ったダージリンの新茶がようやく届きました(右側)。
この一番乗りのダージリンティーはアーリーフラッシュ、当店では毎年アーリースプリングティーという名前で販売しております。100杯限定です。
口に含むと金木犀のようなジャスミンのような・・・ありきたりの表現ですが、花のような香りがするんです。
茶園名 アッパーファグ

左の少し濃い色の紅茶はニルギリのピーククオリティーです。
こちらも作りたての軽い渋みがあっておいしいですよ、ニルギリ好きの方は是非お試し下さい。
[PR]
# by tearoombunbun | 2009-03-16 13:38 | Comments(0)
スコ-ン
b0158721_21554064.jpg

イギリス滞在中の友人が地元のお菓子教室に参加したところ、配られたレシピの材料の部分に「インスタントカスタードの素」と書かれていて度肝を抜いたという話を思い出しました。
日本のお菓子教室ではちょっと考えられない光景ですよね。
でも良く考えてみれば、私達日本人もお汁粉作る時は市販のあんこを買って来たり、寒天も天草から煮る人は少なくて粉寒天とか棒寒天とか使いますから、まーそんな感じかと納得できない事もない。
先日、ふと思い立って苺のジャムを作ってみました。
スコ-ンに添えるジャムはあえて市販品が良いかなと思っていたのですが、考えが変わりました。
写真はこのブログのために用意したスコーンとわたしの作ったジャム。お皿に添えられた小さい手は、撮影後の試食に参加するため必死に手伝っている(撮影を)長男です。
※ スコーンをのせているお皿は1891年~1918年の間に作られたと思われるイギリス製の陶器です。
近所のガレージセールで妻が一枚200円!で買って来ました!何故こんなものがガレージセールに?鎌倉って良いところだなぁ。
[PR]
# by tearoombunbun | 2009-02-28 22:53 | Comments(0)
家族の食卓
b0158721_14171741.jpg
b0158721_1416222.jpg

昨日はわたしの誕生日でした。べつに祝うような歳でもないのですが、家族がお祝いのご馳走を作ってくれると言うので、ありがたくいただくことにします。
こういう時のご馳走というのは身の丈にあったご馳走ということであって、ビーフステーキなどは出てきません。
写真は北京風の水餃子。
作り方は、①強力小麦粉と塩と水で作った生地を寝かせてから丸めて麺棒で平らに伸ばす。
②豚の細切れ肉や切り落としをフードプロセッサーで細かくして、塩をして短めに切った千切り大根とごま油と共に良く練る。③包んで茹でる④茹でたての熱々を食べる。
これが実に旨くて、私も子供たちも好物なのですが、この写真には重要な薬味が写っていません。
香菜(シャンツァイ)と針しょうが(針の様に細く切ったしょうが)です。
これが無いと完璧な味とは言えません(我が家では)。
この香菜という香草はスーパーや八百屋で売っていなかったり、怖ろしく値段が高かったりするので昨日も食卓にはありませんでした。この問題を克服するべく、昨年から自宅で栽培を始めましたが失敗、育ったことは育ったのですが、ひょろひょろで一回使ったらハイおしまい!未練がましく茎の部分まで細かく切ってラーメンに浮かべたりして。
香菜のエキスパートである友人Kから分けていただいた良質な種であったにも関わらずこの有様・・・。
しかしつい先日、ふいと香菜を植えていたプランターを覗くと、何とそこには青々とした新芽が!香菜エキスパートKさんにも『こぼれ種は強い』と聞いていたので早速Kさんに自信満々で見せたところ『これ雑草です』と言われてしまいました。妻は近所の主婦に香菜のこぼれ種が出てきたのでパーっとやりましょう!とかなんとか
言ってしまったというし・・・Kさんによるとまだ望みは残っているというのでなんとかこぼれ種に頑張ってほしいものです。
[PR]
# by tearoombunbun | 2009-02-24 14:57 | Comments(0)
わたしの好きなお茶(番外編)
b0158721_1035746.jpg

新聞に目を通していると『おうちごはん脚光』という見出しを見つけました。
昨今の不景気で外食に対して家で食べる『おうちごはん』が注目され、それに伴って料理教室の生徒さんが増え、電化調理器具の売上げが伸びている・・・といったような事が書かれている。
家で食事を作るという当たり前の事を『おうちごはん』と言っている大人がはたしているのか?と疑問に思う。
『おうちごはん』非常に不気味だと思っているのは私だけでしょうか・・・。


写真は夕刊を読む時私が必ず飲んでいるわたらいほうじ茶。
生活クラブ生協で200グラムで352円。ほうじ茶は色々ためしたけれど、今のところこれが一番気に入っています。
[PR]
# by tearoombunbun | 2009-02-22 12:10 | Comments(0)
妻の帽子
b0158721_22281454.jpg



手芸が得意なお客様が、妻のために帽子を編んでくださいました(いいなぁ・・・)。
スコットランドまで編み物の勉強に行ったというほどの方で、鮮やかな毛糸で編みこみ模様を入れた大変な素敵な帽子です。こんな複雑な模様でも手元を見ないで編めるのだそうです。
ご希望の方には編んで下さるということですので、こんな帽子がほしかったという方はブンブンまでご連絡下さい。
[PR]
# by tearoombunbun | 2009-02-18 22:51 | Comments(0)



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧