<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
季節のメニュー
b0158721_14454711.jpg

               この季節にぴったり!

               レモンカードのヴィクトリアケーキ
b0158721_14432574.jpg


「ヴィクトリアケーキ」通常はジャムを挟んでいますが
レモンカード
 (レモンをたっぷり使った、イギリス生まれのレモンバタークリーム)になりました。
 表面はレモンアイシングのコーティング、さっぱりとした味わい
 紅茶の渋みが引き立ちます。 

b0158721_1444934.jpg

               店頭に かき氷の旗が揺れています。
 
               ブンブン紅茶店 オリジナルかき氷
b0158721_14461872.jpg


  ・ チャイ (通常の10倍のアッサムを使用した濃厚な味わい) 540円
  ・ あずきチャイ (かき氷チャイにあずきをのせました)      600円
  ・ ラズベリー (ラズベリーを煮詰めたベース)           540円
  ・ 生レモン  (生レモン果汁をその場で搾ります)        540円

 
   甘いシロップでは味わえない、さっぱりとした口当たり
   ブンブンのかき氷 お楽しみください
[PR]
by tearoombunbun | 2016-06-19 22:41 | お店のメニュー | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 第4回
 ビートン夫人~クリームティーにしましょう

          ビートン夫人の家政書(1940年版)と料理本(1909年版) 
b0158721_6431922.jpg

             スコンの作り方・TEA TO MAKE を確認 
     
                これより スコンの作り方~実演
b0158721_6471327.jpg


b0158721_6492149.jpg


b0158721_6504232.jpg


b0158721_6505986.jpg


                 ここで型抜きして オーブンへ


              ティータイム用 クランベリー入りスコン
b0158721_6542533.jpg


b0158721_6551867.jpg


          ケニアの紅茶と2種のスコンを召し上がっていただきました。

b0158721_6594387.jpg

                  焼き上がり!
               (こちらは、ブンブン紅茶店で召し上がっていただけます)

 クリームティーとは、
    ポットたっぷりの紅茶・スコン・クロテッドクリーム・ジャム ~のセット

 スコン
  スコットランド生まれの素朴で原始的な菓子パンの一種
  英国では女の子がお母さんから、最初に習うもの~小麦粉、バター、卵に牛乳
  材料はいたってシンプルですが、それだけに「コツ」をつかむまで、何回も作ります。
  外側はビスケットのように〝カリッ”と、中は〝フワッ”とソフトな食感が大切

 クロテッドクリーム
    脂肪分の高い牛乳から作られる「凝固した」クリーム
    酪農王国の英国ならではのもの、スコンとの相性は抜群!
    デボンシャーでは「デボンシャークリーム」 コーンウォール地方では「コーニッシュ
    クリーム」と呼ばれる。
    本物は63%くらいの脂肪分を含み、イギリスの規格は最低55%以上が必要

 華やかなアフタヌーンティー、庶民のクリームティー
 主役は、焼き立ての「スコン」です。
 
 焼きたてのスコンに、クロテッドクリーム&ジャムを付けて頂くのは幸せなひと時です。


 鎌倉で紅茶を楽しむ会 第5回 7月9日(土) 
  「キャサリン王妃~初めて紅茶を飲んだ王妃」
 お席はあとわずかです。
[PR]
by tearoombunbun | 2016-06-12 07:42 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
ヨルダンのお土産
             ハラルのビスケット
b0158721_1461677.jpg


世界中を旅している紅茶仲間は、どこかへ行ってくると必ず、紅茶とお菓子のお土産を忘れません。
今回はヨルダンを旅してきた・・・

ハラルとは
 イスラム法上で食べることを許されている食材(料理)

             中を開けてみると~
b0158721_14102020.jpg


シンプルな四角いビスケットが並んで入っています。
お味は、マリービスケットに塩味を足して、少し硬くしたイメージ

               ティーバッグ
b0158721_10231155.jpg


灼熱の国ですから、水分補給のために日に何度も熱い紅茶を楽しみます
トルコのように、ミントを入れて甘くして
どのような紅茶にも、このビスケットは合いますね


国や宗教は違っても、その国らしいティータイムがある
ハラルのビスケットを頂きながら、改めて紅茶を楽しむ時間を
大切にしていきたいと思いました。
[PR]
by tearoombunbun | 2016-06-04 14:25 | 紅茶おもしろ情報 | Comments(0)



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧