<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
jaffa cake
b0158721_20185219.jpg


みなさま突然ですが、ジャファケーキってご存知ですか?
先日友人と子供の頃食べていオレンジゼリー入りチョコビスケットの話になりました。
さっそく調べてみると私達がマクビティー社の物と思っていたそれは、どうもロッテの『ジャフィー』なる商品の可能性が出てきました。いやいやしかし、たしか十数年前にマクビティー社から一枚づつ梱包されたジャファビスケットが発売され大量に買い込んだ記憶も甦る・・・。まさにイギリスと日本の国境を越えたミステリー。ここまで記憶をたどってくるともうむしょうに食べたい!という事で友人は『ジャフィー』を求めて、遥かイギリスへ旅立って行ったのです。

b0158721_2022040.jpg

資料① 近所に住む素敵なご婦人から寄贈された、独断と偏見のビスケットバイブル『英国流ビスケット図鑑』
     
b0158721_20345024.jpg


資料②オレンジ色のパッケージ(上)が友人がイギリスで見つけて来てくれたジャファビスケット、こちらはMARKS&SPENCERのオリジナル商品。ビスケット部分が若干固めだがオレンジのなんともいえないイギリス的香りはバッチリ記憶に合致。コーティングされたチョコレートの部分にオレンジの断面図が描かれていておしゃれ。青のパッケージ(下)は友人の帰国が待ちきれず、近所の食料品店で購入したドイツ製のメッシーノ・ミルクなる商品。こちらはビスケット部分がマクビティー社やロッテの商品とかなり近い、オレンジの味も良いが少々甘すぎることと、ビスケット部分にコシがなくてたよりない感じ。
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-30 21:25 | Comments(0)
SIZUYAのカルネ
b0158721_8272451.jpg

先日お伝えした京都『いづう』のさば寿しを頂いた時、おまけにサンドイッチもついてきました。
夜中にお腹がすいて食べてみると、とてもおいしい。

More
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-26 08:51 | Comments(0)
たのしい時間

b0158721_15454088.jpg
先日、刺繍作家の高木先生のお宅へお伺いしました。
私達夫婦の大好きな先生。作品はどれも見とれてしまうものばかり・・・。コレクションのアンティークレースもすごい。お部屋のディスプレイも素敵。
キッチンも完璧、お料理もばんばん作っちゃうのに何故こんなに片付いているのだ?
先生ももちろん紅茶党ですから、アッサムからセイロンブレンド、フランスの某有名紅茶メーカーのものまでずらりと棚に並んでいました。写真は先生のお宅でのランチ♪お料理上手の生徒さんの持ち寄りと先生作のパスタ(これがすごくおいしいの・・・)3時のおやつに紅茶と手作りのバナナケーキ、アイスクリームとイチゴのプレザーブ添えが出ましたが、案の定、写真を撮らなくてはと思った時にはすでに胃袋の中へ・・・。
来月は忘れません絶対に。
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-21 20:36 | Comments(0)
いづうの鯖寿し
b0158721_1252787.jpg


京都ご出身のお客さまから『いづう』のさば寿しが届きました。うれしい。

More
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-20 13:19 | Comments(0)
ゴールデンコース
b0158721_19285456.jpg


今日は月に一度の(というと皆さん驚く)定休日でした。
本日は、友人へプレゼントを届けに→お茶の配達→昼ごはん→昼寝→お客様から電話、なんと!京都出身のお客様が『いづう』のさば寿しを届けてくださるというのです!今新幹線に乗っているから3時ころ着くとおっしゃるのです!3時まで待つ→さば寿し到着→クール・ド・ベールで久しぶりに素敵なものを見物、手作りジンジャーエールもおいしい→子供たちと鶴岡八幡宮まで散歩→パティスリー雪ノ下でケーキを購入→八幡さまで良い空気をいっぱい吸う→帰路我慢できずに『勝烈庵』にてちょっと(?)とんかつを食す→これからヌワラエリアを入れて、ケーキを食べる予定。
写真は鶴岡八幡宮の本殿へ続く階段の最上段、晴れた日は海まで一望でき、力強い風が通り抜ける鎌倉でも最高の場所(と私達は思っている)です。

新幹線に乗ってやってきた『いづう』のさば寿しについてはまた明日。
おやすみなさい。
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-19 20:31 | Comments(0)
きょうのレッスン
b0158721_2344767.jpg
b0158721_235346.jpg

今日は月に一度の紅茶教室の日でした。
内容は『紅茶の楽しみ方・オーディナリティーとスペシャリティー』
ダージリンのファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、オータムナルのテイスティングとドイツの紅茶事情。
生徒さんが熱心に勉強している姿を写真に撮ったのに・・・なんかピントがずれているので載せれませんでした~ごめんなさい。ところでこの写真なんだ?とお思いになる方もいらっしゃると思いますが、これは今日紅茶教室に参加された方にお持ち帰りいただいたお土産です。
インド大使館からインド紅茶のしおりと紅茶三種類。ダージリンティー、ビスケット。
下の写真はレッスン中のティータイムのお菓子、レモンタルトです。
そういえばティータイムの紅茶もウェルカムティーも撮り忘れている・・・。
ウェルカムティーで出した静岡産の紅茶『丸子紅茶』冷めたらすっごく美味しかった。
紅茶って温度が下がると奥に潜んでいた香りや味が顔をだして、新しい美味しさを発見できるんですよね。
また来月お会いしましょう!
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-16 23:33 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
ブンブン流アイスティーの作り方
アイスティー1.2リットル分の作り方です。
b0158721_1535355.jpg

アイスティーを入れるときに必要な道具と茶葉の分量です。
左上から時計回りにやかん、ティーコジー、ティーポット、お好みの茶葉10g(今回はニルギリを使用しました)茶漉し。

①やかんに600㏄の湯を沸かす。
②ティーポットへ茶葉10gを入れてから①のお湯をそそぐ。
③ティーコゼーをかけて、10分以上蒸らす。
④①のやかんに③を茶漉しを通しながら移し入れる。
⑤④で茶殻の残ったティーポットに600ccの水をいれる。
⑥④の茶液の入ったやかんに⑤のティーポットに入れた水を茶漉しを通してそそぐ。
道具を少なくする為に、お湯を沸かしたやかんに出来上がりのアイスティーを入れましたがピッチャーなどに入れたらきれいですね。
冷蔵庫で保存せず、室温で保存して、その日のうちに飲みきってしまします。

b0158721_1541675.jpg


左が原液で、右が氷をいれたものです。綺麗な水色でしょ?しっかり抽出して濃い味なのに濁りません。

残念ながら紅茶は冷たくすると、温かい紅茶の持つ香りは無くなってしまいます。市販のアイスティーはその分を香料で補っているのです。冷たい紅茶のおいしさは味ときれいな水色で勝負です!
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-13 15:20 | Comments(0)
名車
b0158721_23382342.jpg


5月の大型連休、どのように過されましたか。今年も鎌倉は大勢の方で賑わったようです。
当店へも沢山のお客さまにご来店いただきました。本当にありがとうございました。
今年の連休は暑かったっせいかアイスティーのご注文が多かったように思います。
私も外出先でたまにアイスティーを注文しますが、時々えっと驚くようなアイスティーに出会うんですよね。
味が無いというか、ただの色のついた水のような・・・。
紅茶のおいしい入れ方については、昨今色々な本も出ていて、多くの方に浸透していると思います。でもアイスティーの入れ方についてはこれだという明確な方法がまだ伝わっていないのかもしれません。
もちろん嗜好品ですから好きなように入れるのも良いと思いますが、私達の考えるおいしいアイスティーの入れ方をこのブログを通してお伝えできればと思っています。つづく

タイトルと画像、文章がちぐはぐで申し訳ございません。
写真は3歳の息子がレゴで作った自動車です。
この形状、大人には思いつかないよなーと感心してつい載せてしまいました。親ばかですね。
[PR]
by tearoombunbun | 2009-05-09 00:27 | Comments(0)



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧