カテゴリ:紅茶教室最新情報( 62 )
2017年 鎌倉で紅茶を楽しむ会 スケジュール
・・・1杯の紅茶から広がる世界、ティータイムを楽しく豊かにする内容です・・・

********************************
第1回 2月18日(土)
      「陸羽と茶経 基本の美味しいいれ方を学ぶ」
      紅茶の基礎知識、ゴールデンルール、インド式チャイ 他

第2回 3月11日(土) 
      「ジェームス・ワット ヒントはヤカンの湯気」
      蒸気機関の発明 産業革命 日常のお茶の風景

第3回 4月15日(土)
      「トーマス・トワイニング 紅茶の楽しみ方」
      ブレンドとミックス、英国王室御用達、歴史

第4回 5月13日(土)
      「ビートン夫人 クリームティーを楽しみましょう」
       料理本のレシピ、スコンの作り方、実演、スコンに合う紅茶

第5回 6月17日(土)
      「ウェッジ・ウッド ティーカップのお話」
       ティーボール、ヒゲカップ、なぜハンドルが付いたのか

第6回 7月16日(土)
      「チャールズ・グレイ伯爵  アイスティーの王様””アールグレイ”」
      アールグレイ秘話、アイスティーの美味しいいれ方とバリエーション

第7回 8月19日(土)
      「ウィンストン・チャーチル 配給制だった紅茶」
      戦時中の紅茶、ティーブレーク、生産国事情

第8回 9月16日(土)
      「チャールズ・ディケンズ 文豪とティータイム」
      作品に見る階級社会、彼が楽しんだ茶の風景

第9回 10月14日(土)
      「大黒屋光太夫 紅茶を初めて飲んだ日本人」
      11月1日は紅茶の日、サモワールでいれる紅茶、ロシア事情

第10回 11月11日(土)
       「アン女王 紅茶とブランデーを愛した女王」
       クイーン・アン様式 ポットに見る形状、紅茶とリキュール

第11回 12月2日)(土)
       「ティーパーティ」 
       パーティー形式で紅茶を楽しみます。

*毎回、お茶に関わる著名人をキーワードにした内容になっております。
*講習会内容を一部変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

*********************************
参加費:1~10回(3500円)・11回(4000円)税込み
     第11回のみの参加は受け付けておりません。
    [ウェルカムティ・ティータイム(紅茶とお菓子)・紅茶のお土産]
時間:14:30~16:00
会場:ブンブン紅茶店 鎌倉市佐助1-13-4  電話:0467-25-2866
講師:初鹿野みのぶ[日本紅茶協会シニアティーインストラクター]

お問い合わせ、お申込みEメール
       teatime-kamakura@jcom.zaq.ne.jp
   

お申し込み方法(会の終了後から、翌月の受付開始)・TEL/メールでお申し込みください。
・お申込み~入金確認をもちまして、参加受付となります。
・お振込みのない場合はキャンセル扱いとなり、キャンセル待ちの方優先となります。

2016年12月3日(土)より、第1回のお申し込みの受付が始まります、
ご参加をお待ちしております。




      
[PR]
by tearoombunbun | 2016-11-14 16:34 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第9回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「アンア・マリア~アフタヌーンティーの隠れた主役」開催されました。


アフヌ―ンティーは第7代ベッドフォード侯爵夫人 アンナ・マリアにより
1840年頃に始められたと言われています。


伯爵の領地、ウオーバン・アビィの広大な領地、豪華な建物
ブルー・ドローウィングルームで開催された、アフタヌ―ンティーはどのようなものだったのでしょう。


1841年ヴィクトリア女王夫妻もウォーバン・アビィを訪れ、アフタヌーンティーの
もてなしを受けています。


アフタヌ―ンティーの隠れた主役
それは、「キュカンバーサンドウイッチ」
キュウリを挟んだシンプルなものですが、今もアフタヌーンティーの初めに出されます。
塩味のサンドウイッチで、お口をさっぱりとさせてから、スコン、甘いお菓子と楽しんで
いきます。

今でこそ、いつでも手に入れることができる「キュウリ」ですが、
当時は温室で大切に育てられていました・・・
温室を持っていることは、ステイタスでもあったのです。


                            ティータイム
b0158721_0513065.jpg


紅茶は、ブンブンオリジナルの佐助ブレンド
キュカンバーサンドウイッチ
スコン
                        リンゴのジャム
b0158721_057546.jpg


紅玉の赤い皮を加えて、ピンク色のジャムになりました。

テーブルの中央には、スズメウリの青い実、赤い実
黄色く色付き始めた、ユズを飾り、季節感を演出しました。

第10回 12月3日は1年の締めくくりのティーパーティー
これまで参加くださいました皆様、ありがとうございます。


2017年度
 第1回 2月18日から予定しております。

まもなく、HPにアップいたしますが、少しお時間をいただきます。
[PR]
by tearoombunbun | 2016-11-13 01:11 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第8回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「トーマス・リプトン~紅茶の楽しみ方、ティーコージ」が開催されました。

ウェルカムティー「拓茶」
 気温の変化が激しいこの頃、体に優しい「拓茶」をまず味わっていただきます
 スリランカの紅茶に24種の薬草をブレンドした…香ばしい香りのお茶

 テーブルにはスリランカのバテック(ろうけつ染) お茶の花を飾って
b0158721_610890.jpg


   茶葉のサイズ別見本                セイロンライティアの花
b0158721_5394489.jpg         b0158721_5424045.jpg









 サー・トーマス・リプトン物語
  「茶園から直接ティーポットへ」 スリランカの茶園を手に入れてから、
  彼の紅茶人生は広がっていきます。

            ティータイム  ウバ茶、スリランカのお菓子
b0158721_5525279.jpg


             メインのケーキは ココナッツのパウンドケーキ
b0158721_5544740.jpg



 講師テーブルには、リプトンの紅茶缶、ティーコージなどを展示して
 見ていただきました。

                アラビア文字のティバッグ箱
b0158721_85538.jpg


                スリランカ 象さんティーコージ
b0158721_1462064.jpg

                インドの刺繍ティーコージ
b0158721_1471461.jpg

                お手製ティーコージ
b0158721_1413738.jpg




 次回 第9回 11月12日(土)
 「アンア・マリア アフタヌーンティーの隠れた主役」
 残りのお席はあとわずかです。
 ご参加をお待ちしております。


 
[PR]
by tearoombunbun | 2016-10-16 06:05 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 第7回
ヴィクトリア女王~ヴィクトリアンティー3つの柱

b0158721_658790.jpg

ヴィクトリア女王の63年と7か月の治世は、〝ヴィクトリア朝″と呼ばれ、目まぐるしい変化と
発展の時代 価値観から美意識、産業、文化、生活習慣まで現在「イギリス的」と思われている多くがこの時代に生まれました。


ヴィクトリアン・ティ3つの柱
 ・優雅なテーブルセッティング (イギリス式の茶道具一式)
 ・豪華なティーフーズを用意する (砂糖などの普及)
 ・紅茶を正しくいれ、ティーウイズミルクで楽しむ (帝国紅茶の誕生、鉄道網による新鮮   な牛乳)

 これらの要素が、その後の紅茶文化のシンボルであり、バックボーンとなっていった。

 

 b0158721_7194218.jpg
  

アイビーを飾った中央に、ミニチュアのティーセット、 女性の形のベルをセット


b0158721_7265538.jpg




女王画デザインの缶、ハロッズのファーストブレンド缶、ソース、マーマイト 関連書物







恋愛結婚、次々と子供が生まれる幸せな家庭生活
家族を愛し、大切にしていた女王夫妻は、庶民に共感と幸せな家庭のイメージを与えた。


国中でファミリーで1日に幾度もティーを飲む この習慣に誇りを込めて
「ヴィクトリアン・ティ」と呼ぶ


ティータイム
     ハロッズのファーストブレンド ヴィクトリア・サンドイッチケーキ

b0158721_7421291.jpg


b0158721_7461390.jpg

 この季節、さっぱりとレモンカートにしました!(大好評)






次回、鎌倉で紅茶を楽しむ会 第8回 10月15日
「トーマス・リプトン 紅茶の楽しみ方、ティーコージ」

残席数はあとわずか ご参加をお待ちしております。
 ブンブン紅茶店 0467‐25-2866 まで
 



 
[PR]
by tearoombunbun | 2016-09-11 08:02 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 第6回
「アイスティー、ティーパンチの楽しみ方」開催されました。

               ウエルカムティは、ティ・ピムス
b0158721_5231199.jpg

             お酒のピムスベースは使用しておりませんが
             アールグレイ紅茶でお味と雰囲気を楽しんで頂きます。
            
イギリスの夏の風物詩「ピムス」には、大きなキュウリが必ず入っています。
b0158721_533246.jpg

他にオレンジ・レモン・ライム・イチゴ
キュウリとイチゴはイギリスの〝夏”
    

アイスティー 3つのベースの作り方実演

              そのベースを使って「ティーパンチ」作成
b0158721_5293528.jpg

        今回のティーパンチは、熟れたパイナップルをたっぷり使って
        フレッシュな香りと自然の甘みを楽しんで頂きました。

18世紀、初めてパイナップルを見た人々は、不思議な形と大きさにびっくりしたことでしょう
b0158721_5441376.jpg

              こちらは、パイナップルが描かれている
              1775年フランス、トワル・ド・ジュイのデザイン
                        [トワル・ド・ジュイ展 資料より]


 世界中のネットワークを使って、珍しいものを集めた英国
 蓋の取っ手がパイナップルの形になっているティーポットなど
 あらゆるものに、そのデザインが残されています。斬新なデザインとして
 新しもの、珍しいもの好きなイギリス人に受け入れられたのでしょう。

 フルーツとの相性が良い、アイスティー、ティーパンチ
 今回、パイナップルから英国のお国柄を感じました。

 次回、第7回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 9月⒑日
 「ヴィクトリア女王~ヴィクトリアンティー3つの柱」
 女王様の愛したお菓子もご紹介いたします。



  
[PR]
by tearoombunbun | 2016-08-09 06:16 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
第5回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「キャサリン王妃~初めて紅茶を飲んだ王妃」

 持参金の一部は当時、金と同額の砂糖
 王妃の嫁入り道具の中には、中国のお茶と茶道具があった
              
         中国産の磁器、紫泥の陶器~こんなものではなかったか?
 
b0158721_3582423.jpg

             大匙(15cc)くらいの湯飲み
 
b0158721_415147.jpg


            中国風絵付け ミニチュア 小物入れ
 
b0158721_431053.jpg

            中から絵を描いている、中国製のガラスビン
 
b0158721_435026.jpg


        ポルトガルから、このようなものを、持参していたのではないか?
 
 
b0158721_412543.jpg

            金平糖・ポルトガル Gorreana 茶園の紅茶
 
b0158721_4155270.jpg

            エッグ・タルト「パステル・デ・ナタ」~今回は講師のお手製!
            ポルトガルで発明され、イギリス人がマカオで改良して
            エッグ・タルトとして販売し大ヒット!
            最近話題になりましたが
            本国ポルトガル、マカオ、香港などのものが有名
 
キャサリン王妃の誕生日に、エドモンド・ウオーラー「王妃を称える詩」が献上されています
中国からの素晴らしいティーを母国から持ってこられたことも,広く知れ渡っていました。

国王との間に子供は生まれませんでしたが、彼女はイギリスに「お茶を楽しむ文化」を生んだのです。

第6回 8月6日は「アイスティーとティーパンチの楽しみ方」
お席は残りわずかです。
[PR]
by tearoombunbun | 2016-07-10 04:32 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 第4回
 ビートン夫人~クリームティーにしましょう

          ビートン夫人の家政書(1940年版)と料理本(1909年版) 
b0158721_6431922.jpg

             スコンの作り方・TEA TO MAKE を確認 
     
                これより スコンの作り方~実演
b0158721_6471327.jpg


b0158721_6492149.jpg


b0158721_6504232.jpg


b0158721_6505986.jpg


                 ここで型抜きして オーブンへ


              ティータイム用 クランベリー入りスコン
b0158721_6542533.jpg


b0158721_6551867.jpg


          ケニアの紅茶と2種のスコンを召し上がっていただきました。

b0158721_6594387.jpg

                  焼き上がり!
               (こちらは、ブンブン紅茶店で召し上がっていただけます)

 クリームティーとは、
    ポットたっぷりの紅茶・スコン・クロテッドクリーム・ジャム ~のセット

 スコン
  スコットランド生まれの素朴で原始的な菓子パンの一種
  英国では女の子がお母さんから、最初に習うもの~小麦粉、バター、卵に牛乳
  材料はいたってシンプルですが、それだけに「コツ」をつかむまで、何回も作ります。
  外側はビスケットのように〝カリッ”と、中は〝フワッ”とソフトな食感が大切

 クロテッドクリーム
    脂肪分の高い牛乳から作られる「凝固した」クリーム
    酪農王国の英国ならではのもの、スコンとの相性は抜群!
    デボンシャーでは「デボンシャークリーム」 コーンウォール地方では「コーニッシュ
    クリーム」と呼ばれる。
    本物は63%くらいの脂肪分を含み、イギリスの規格は最低55%以上が必要

 華やかなアフタヌーンティー、庶民のクリームティー
 主役は、焼き立ての「スコン」です。
 
 焼きたてのスコンに、クロテッドクリーム&ジャムを付けて頂くのは幸せなひと時です。


 鎌倉で紅茶を楽しむ会 第5回 7月9日(土) 
  「キャサリン王妃~初めて紅茶を飲んだ王妃」
 お席はあとわずかです。
[PR]
by tearoombunbun | 2016-06-12 07:42 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 第3回
「サミュエル・ピープスの記述~砂糖と茶の歴史」

チャールズ2世へ嫁した、ポルトガルのキャサリン王妃の嫁入り道具の中には
中国の茶・ブラジル産の砂糖があった。同時期に活躍したサミュエル・ピープス
の日記の中には、1660年9月25日初めて「茶」を口にしたこと、ワインやビールに
砂糖を入れて飲んでいたことが書かれています。

b0158721_5563357.jpg

 ティーセットの「砂糖容れ」が大きなことは、砂糖が高価であった頃の名残り・・・
 貴重な「茶」と「砂糖」を用意できるのはステイタス!
 茶に砂糖を入れて飲む=究極の贅沢であった

 
 ピープスも日記の中で、お客様に銀食器を見せびらかしたこと・・・
 しかし、彼はその夜、多くの人に銀食器を見せてしまった・・
 泥棒が入らないかと心配したことも書いています・・・微笑ましい

 海軍省のお役人でもあった彼は、国王チャールズ2世からも信頼されていましたが
 何事にも興味を持った彼の人柄は、日記の中に見ることができます。

 
 
b0158721_683672.jpg

   ティータイム この季節にぴったり ヌワラエリヤ(ラバーズ・リープ茶園)
            ボリュームたっぷり バナナケーキ

 
b0158721_612939.jpg

             白・黒ゴマをたっぷり入れた ゴマビスケット

 講師お手製のティータイムのお菓子を楽しみにされている方も多いようです。

 次回、第4回 6月11日「ビートン夫人~クリームティーにしましょう」
 残りのお席はあとわずかです


 初めて「鎌倉で紅茶を楽しむ会」へお申し込みの方
   お名前・電話番号の他、ご住所も知らせ下さい
   会のご案内を送付しております。

 キャンセル待ちの方
   開催日近くになってからの連絡になります。
   お知らせいただいた、番号に連絡を入れても、留守電~
   になったまま、着信拒否など
   連絡ができない事が多々あります。
 
   携帯・スマホ他、ご自宅の電話番号もお知らせくだれば、対応致します。
   
[PR]
by tearoombunbun | 2016-05-15 06:37 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
鎌倉で紅茶を楽しむ会 第2回
「ジョセフ・バンクス~1枚の葉が歴史を変えた」

b0158721_2162166.jpg

            ウェルカムティ~ダージリン ファースト・フラッシュ 
            一芯二葉の新芽 茶葉 注がれた紅茶

プラントハンターをご存知でしょうか。
プラントハンター(植物収集家)は、薬や香料に利用される有用な植物を求めて、世界中に派遣されました。その代表者が〝ジョセフ・バンクス” 
イギリス東インド会社から派遣された〝ロバート・フォーチュン” の功績は中国の茶をインドのダージリン地方へ移植し、インドでのお茶の栽培を確立させたことです。今回は彼らのお話が中心。

おいしい紅茶のいれ方 上級編では、いつもの紅茶にプラスするいれ方。自宅で簡単にできるテイスティング方法などご紹介しました。

                珍しいお茶  サンルージュ 高機能茶
b0158721_21202461.jpg


b0158721_2122336.jpg

              「アントシアニン」を高含有する新しい緑茶品種
              レモンを加えると…あらあら きれいなピンク色に!

   ティータイム ディンブラ 
    お菓子 オレンジ・ショートクラスト・ペストリーとフルーツロックケーキ
b0158721_21274624.jpg


    その後、生オレンジを召し上がっていただきました。
    フルーツを食べた後の紅茶は、また違った味わいに!!


 次回、5月14日 第3回 「サミュエル・ピープスの記述~お砂糖と茶の歴史」
 キャンセル待ちとなっております。

 初めて「鎌倉で紅茶を楽しむ会」にお申し込みいただく場合
 お名前・連絡先(ご住所・電話)をお聞きしております。
 ご自宅宛に「参加ご案内」を送付いたします。

 お名前・携帯番号のみ、の方もいらっしゃいますが
 キャンセル待ちの場合は、開催日近くになってからの連絡となります。
 携帯が留守電になったまま、着信拒否になる場合がございますので
 連絡できず参加いただけないことが多々あります。

 キャンセル待ちの場合、
 お名前・携帯番号他、自宅電話番号などもお知らせください。
 よろしくお願いいたします。
 
 
[PR]
by tearoombunbun | 2016-04-16 21:34 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
2016年 鎌倉で紅茶を楽しむ会 第一回
本日は第一回紅茶教室が開催されました。
今年は紅茶にかかわる人物をメインテーマにした内容です。
第1回「神農~三大カフェイン飲料の中の紅茶」
寒い中、皆さまありがとうございました。

b0158721_622669.jpg

初鹿野先生のクラスはあえて温度を測ったりせず、感覚を鍛えるレッスンです!
b0158721_2145252.jpg

綺麗な水色がでていますね!
b0158721_21455149.jpg

第一回のお菓子『スパイスチョコレートケーキ』『ロックケーキ』
b0158721_21462115.jpg

お庭のお花で作ったアレンジメント、好評でした。

次回は4月16日(土曜)
『ジョセフ・バンクス 一枚の葉が歴史を変えた』です。
どんなお話が聞けるのか?どんなお菓子が楽しめるのか?ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
只今、キャンセル待ちです!

                    

                             
[PR]
by tearoombunbun | 2016-03-12 22:01 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧