2017年 05月 14日 ( 1 )
第4回 鎌倉で紅茶を楽しむ会
「ビートン夫人~クリームティーを楽しみましょう」開催されました。

ヴィクトリア時代に出版された「ビートン夫人の家政書」
増版を重ねながら、今も根強い人気があります。

ウェルカムティーはダージリン春摘み!
b0158721_6132023.jpg

           1940年版「家政書」  1909年版「ビートン夫人の毎日の料理本」
                                     
           この中から「スコンのレシピ」を紹介しました。
b0158721_624461.jpg

     ティータイム プレーンスコン レーズンスコン
              ストロベリージャム リンゴのジャム(講師手作り)
              クロテッドクリーム
              アイルランドの紅茶

クリームティーは、たっぷりの紅茶とスコン、ジャム、クロテッドクリームのセット
アフタヌ―ンティーのような豪華さはありませんが、スコンを食べたいときにはお勧め

スコンはイギリスの女の子がお母さんから、初めて習うお菓子といわれているほど
日常で食べられているものです。日本でも「スコン」の人気は高くなりました。

b0158721_632327.jpg


b0158721_6322213.jpg


b0158721_6341322.jpg


b0158721_6364191.jpg


出来上がり!
材料は小麦粉、バター、卵、牛乳 どこのご家庭にもあるものです
だからこそ、奥が深いといえます。

「形はどうであれ、手作りのスコンは美味しい!」
焼きたてにたっぷりのジャム、クロテッドクリームをつけて頂きましょう。

次回 6月17日(土)
 第5回 「ウェッジウッド~ティーカップのお話」
 ティーボール~ヒゲカップ など多彩なカップのお話
 なぜカップにハンドルが付いたのか?

 参加をお待ちしております。
[PR]
by tearoombunbun | 2017-05-14 06:53 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧