2010年 04月 03日 ( 2 )
ヴィクトリアンサンドイッチケーキ
b0158721_20483029.jpg

今日はお花見日和でした。
このブログを見て下さっている方々もどこかへお花見にいかれたのでしょうか?
去年まで私達を楽しませていてくれた桜の木が剪定されてしまって、寂しくなってしましました。
でもまだ窓の外、目線をを少し遠くへやると、大きな桜の木がピンクの花を咲かせてくれています。

今日のうれしいこと。
中学生の時からお店へ来て下さっているお嬢さまがご来店下さいました。
中学生の時はお母様と。
高校、大学時代はお友達と。
そして今日は、会社の同僚とお花見の帰りに寄って下さいました。
美人で笑顔が素敵!
私は彼女が大好きです。
いつもありがとう。

もう一つのうれしいこと。
ヴィクトリアンサンドイッチケーキにピッタリ合うケーキ皿を見つけたこと。
昨日、アンティークショップでひとめ惚れ、即決しました。
ヴィクトリア女王の名が付けられた、地味だけれど燐としたケーキ。
想ったとおり、このお皿はこのケーキにピッタリ合いました。

雨や風で短い桜の季節だけれど、毎年こんな素敵な思いで過ごせたら幸せです。
明日も皆さんにとって素敵な一日でありますように。
[PR]
by tearoombunbun | 2010-04-03 20:51 | お店のメニュー | Comments(0)
紅茶教室 第二便
4月に入ると紅茶好き、特にダージリンが好きな方はソワソワ
そうです、ダージリンティーの1番摘み、First Flush 入荷!!
ダージリン地区では通年3~4月頃から”1番摘み”の収穫が始まります

クオリティーシーズンとは=良品質茶の収穫される時期を言います。
紅茶の産地には気候や季節風の関係でそれぞれクオリティーシーズンが違います
ダージリンは3~4月ファーストフラッシュ「1番摘み期」
      5~6月セカンドフラッシュ 「2番摘み期」

紅茶は農作物、収穫期は一定ではありません・・・特にインド北東部の高地に位置す
るダージリンでは、
冬の間お茶の芽はじっと寒さに耐え、春を待って一斉に新芽が芽吹きます
高地=寒い=茶の芽の生育は遅い=香気成分がゆっくり熟成される=若々しいフレッ
シュな香りが強い
水色は薄いオレンジイエロー、何も入れずストレートで味わってください
カップに注がれた紅茶から、フレッシュな香りがたち上り
口に含むと爽やかな中に優しい甘味が広がります。

毎年ブンブンらしいファーストフラッシュを選んでいますが、今年はどこの茶園から
くるのでしょう。

FF好きの皆様、もうしばらくお待ち下さい。

         日本紅茶協会認定シニアティーインストラクター 初鹿野みのぶ
[PR]
by tearoombunbun | 2010-04-03 08:51 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧