2010年 03月 30日 ( 1 )
グレイ伯爵二世
b0158721_10572138.jpg

ベルガモットの香油で着香した紅茶、アールグレイの歴史は紅茶好きならご存知かもしれません。
19世紀初頭、中国から戻った使節団が持ち帰ったお茶を真似て作ったと言われています。
このお茶が、柑橘の香りが付いたものだったとか、ラプサンスーチョンだったとか、諸説あるようです。
先日お客さまからイギリスのお土産にアール伯爵ブランド(covent Garden Qualityと会社名が記載されている)のビスケットをいただきました。
おなじみのジンジャーボーイがジェントルマンになっています。
粉好きにはたまらないお土産であります。
b0158721_10575882.jpg
b0158721_10584119.jpg

紅茶メーカージャクソンズが作ったキーマン紅茶にベルガモットの香りを付けた元祖アールグレイと合わせて飲んでみました。
肝心のビスケットのお味は、ジンジャーがきつ過ぎず、甘すぎず中々美味しいです。
甘くしたミルクティーと合わせたほうが良かったかも。

こちらがグレイ伯爵6世
[PR]
by tearoombunbun | 2010-03-30 11:29 | Comments(0)



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧