第9回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 開催されました。
大黒屋光太夫~紅茶を初めて飲んだ日本人

11月1日は紅茶の日・11月は紅茶月
 海難にあってロシアに漂着した日本人、伊勢の国の船主 大黒屋光太夫はロシアに
 10年滞在。帰国の許可を得るまでの辛苦の生活の中で、ロシアの上流階級に普及し
 つつあった茶会の招かれる幸運に恵まれる。1791年の11月には女帝エカテリーナ
 2世に接見、茶会に招かれたと考えられている。そこから、大黒屋光太夫は日本人
 として初めて正式な茶会で紅茶を飲んだ人として、この日が定められました。
      
b0158721_17083067.jpg
         サモワール(湯沸かし)
         ロシアのティーコージ ホフロマ塗りの器
  
b0158721_17150978.jpg
 ティータイム
b0158721_17160346.jpg
        ロシアで一般的に売られている紅茶
          スリランカ産のビックリーフティー
          サモワールの上で長時間蒸らして濃くなっても渋味は軽く
          水色の美しい紅茶。

飲み方 
 ロシアでは基本的にミルクティーは飲まず、ストレートかレモン、ハチミツを入れる
 ロシアンティーに必ず添えられているのが、ロシア式のジャム(ワレーニア)
 これを舐めながら飲むのが正式。

次回、第10回「アン女王~紅茶とブランデーを愛した女王」
   11月11日(土)
   お申込み受付中です。
          
 

[PR]
by tearoombunbun | 2017-10-15 17:29 | 紅茶教室最新情報 | Comments(0)
<< 第10回 鎌倉で紅茶を楽しむ会 営業時間のお知らせ >>



店主のお茶が飲みたくなるはなし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧